/
  • Service Adjustments related to Coronavirus詳細
  • Service disruptions due to the conflict in Ukraine詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
メインコンテンツに飛ぶ

出荷の準備: 荷物の梱包方法

荷物の梱包時に気を付けたい4つのステップ

UPSの梱包方法ガイドで梱包作業を行っている方 届いた荷物の封を開ける - 誰にとってもワクワクする瞬間です。ところが、その中身が完ぺきな状態でなかったとしたらどうでしょう。ましてや、それが心待ちにしていた品物だったら? 荷物の出荷時に適切に内容物を梱包し、ラベルを貼付する方法をご紹介します。お客様の荷物が無事に宛先へ到着するよう参考になれば幸いです。

次の4つのステップをご覧ください。

  1. 中身をしっかりと保護することができる丈夫な箱を選びましょう。 裂け目や傷、ゆがみ、破損した箇所があるような箱は避けるべきです。 お手元の箱をご利用いただいても構いませんし、UPSの梱包資材をご利用いただくこともできます。 新品の段ボール箱をご用意いただくのが理想的です。
  2. 荷物の特性に合った紙のクッション材を選び、ご使用ください。 個々の品物を丁寧に包み、気泡シートやリサイクル可能な緩衝材、発泡樹脂製のバラ詰め緩衝材などで品物の周囲を満たします。 内容物が出荷用の箱の内側に直接触れないようにすることがポイントです。
  3. 荷物をきっちりと密封します。 2 in./5.08 cm以上の幅のある粘着ビニールテープかナイロンの強化テープを使用してください。
  4. 荷物にしっかりとラベルを貼り付けます。 郵便番号、アパート・マンションの部屋番号、その他の情報など、できるだけ詳しく出荷情報を記入していただくことで、配達がよりスムーズになります。 UPSのオンライン出荷なら、詳細なラベルを簡単に作成できます。 ラベルは荷物の上部に貼り付け、古いラベルは完全に取り除き、古い印などは上から線を引いて消してください。 ラベルは保護シートなどに入れ、箱の継ぎ目やテープの上にこないように貼り付けます。

さらに詳しい梱包のヒントはこちら

梱包材や緩衝材などがお手元になくてもご心配にはおよびません。UPSにお任せください。  

UPSお取扱い店を検索