/
  • Temporary Service Arrangement due to Typhoon Kammuri (Tisoy) in the Philippines詳細
  • Temporary Service Adjustment due to SEA Games in the Philippines詳細
  • 韓国の労働組合のストライキによるサービスへの影響について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

マレーシアにおける売上税・サービス税(SST)

マレーシアで、売上税・サービス税(SST)が導入されました。 SSTは既存の物品・サービス税(GST)に代わるものであり、マレーシア国内貨物およびマレーシアへの輸入貨物に影響があります。

SSTには2つの要素があります。 1つはサービス税で、マレーシアの課税対象者が、業務上および業務の遂行において提供する課税対象のサービスに課される税です。もう1つは売上税で、輸入時もしくは製造業者による販売時または廃棄時のいずれかの時点で、輸入品または現地生産品に課される1段階方式の税です。


以下の変更点にご注意ください。

•2018年8月31日以前に通関されたすべての貨物は、GSTの対象となります。 GSTの税率は、2018年8月31日まで0%でした。
• 2018年9月1日以降に通関されたすべての輸入貨物は、SSTの対象となります。 
• 正確なSSTの税額は商品やサービスの種類によって異なります。 
• 発生した税金はすべてお客様の負担となります。  

上記の詳細につきましては、UPSの営業担当者もしくはお客様サービスセンターにお問い合わせください。

詳細はマレーシア税関のウェブサイトをご覧ください:


SSTの詳細
SSTインダストリーガイド