/
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
  • UPS is open for business: Service impacts related to Coronavirus詳細
  • UPSサービスギャランティの一時停止について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

テクニカルヘルプ

UPSサーマル・プリンタをインストールする手順を以下にご説明します。

UPS サーマル・プリンターをインストールする前に

UPS.comはサーマルプリンターの各種型式とモデルに対応しています。 ご使用のプリンターが規格に適しているかを確認するには、下記のリンクを選択してください。

UPSインターネット・シッピング用のサーマルプリンター


Windows® ユーザー(Google Chromeを除く) :  Windows PCでUPSインターネット・シッピングまたはCampusShipの出荷ラベルを印刷するためにサーマルラベルプリンターをセットアップするときは、次の手順に従います。

  1. UPSサーマルプリンタードライバーをダウンロードし、インストールします(以下のリンク)
  2. UPSプリンターアプレットを有効にします
  3. ups.comのポップアップウィンドウを許可するようにご使用のブラウザーのポップアップブロッカーを設定してください。 UPSインターネット・シッピングとCampusShipは印刷用のラベルを表示するためにポップアップウィンドウを使用します

Mac®ユーザーまたはWindowsのGoogle Chromeユーザー: MacでUPSインターネット・シッピングまたはCampusShipの出荷ラベルを印刷するためにサーマルラベルプリンターをセットアップするときは、次の手順に従います。

  1. UPSサーマルプリンターをインストールします。
  2. UPSプリンターアプレットを有効にします。
  3. ups.comのポップアップウィンドウを許可するようにご使用のブラウザーのポップアップブロッカーを設定してください。 UPSインターネット・シッピングとCampusShipは印刷用のラベルを表示するためにポップアップウィンドウを使用します

トップへ戻る

UPSサーマルプリンターのドライバーをインストールする

Google ChromeブラウザーなしのWindows®オペレーティングシステムをご使用の場合で、EltronまたはZebraのサーマルプリンターで印刷する場合は、下記のドライバーをインストールしてください。プリンターに同梱のドライバーはUPSインターネット・シッピングやCampusShipでは機能しません。 別のサーマルプリンターをご使用の場合は、プリンターに同梱のドライバーをご使用になり、UPSサーマルプリンタードライバーはインストールしないでください。

注:  以下の手順にもあるとおり、指示のあるまでプリンターをコンピューターに接続しないでください。

UPSサーマルプリンターのドライバーをダウンロードし、選択されたディレクトリーにインストールする方法を次に示します。

  • プリンターの電源を切ります。
  • 下記の「UPSサーマルプリンタードライバーのダウンロード」リンクを選択します。
  • ご使用のオペレーティングシステムとセキュリティ設定によっては1つまたはそれ以上のウィンドウが表示されますが、各ウィンドウに表示されているアクションに従います。

ウィンドウ操作
ファイルのダウンロード - 安全の警告(通常、実行、保存、キャンセルのボタンが表示されます) 実行」を選択します
不明な発行者セキュリティ警告「このソフトウェアを実行してもよろしいですか?」 実行」を選択します
  • 解凍」を選択してファイルを解凍します。  ファイルの抽出が終了したら、適切なボタンを選択してウィンドウを閉じます。
  • 「スタート」メニューを右クリックして「エクスプローラー」または「エクスプローラーを開く」を選択し、「C:\Drivers」まで移動して、「setup.exe」ファイルをクリックし、インストールユーティリティを起動します。
  • ご使用のオペレーティングシステムとセキュリティ設定によっては1つまたはそれ以上のウィンドウが表示されますが、各ウィンドウに表示されているアクションに従います。

ウィンドウ操作
ユーザーアカウント はい」を選択します
Zebraプリンタードライバーのインストール Zebraプリンターのインストール」を選択します
  • プリンターモデルをリストから選択するダイアログが表示されます。
  • プリンターモデルを選択した後、「次へ」をクリックします。
  • ご使用のオペレーティングシステムとセキュリティ設定によっては1つまたはそれ以上のウィンドウが表示されますが、各ウィンドウに表示されているアクションに従います。

ウィンドウ操作
プリンターのポートを選択します

ポートを選択し、「次へ」または「終了」を選択してください

注: Zebra ZP 450プリンターにはUSBプリンターケーブルが設定されているため、使用可能なUSBポート、たとえば、USB001を選択する必要があります。

プリンター名の確認 名前を変更せずに、「次へ」をクリックします
プリンタードライバーが検出されました ドライバーを更新する」を選択して、「次へ」をクリックします
Windowsセキュリティ このドライバーソフトウェアをインストールする」を選択します
プログラム互換性アシスタント このプログラムは正しくインストールされましたを選択します。
  • ご使用のコンピューターにプリンターを接続し、プリンターの電源を入れます。プリンターの準備ができたことを示す緑のライトが点灯するまで待機します。
  • サーマルプリンターがインストールされました。プリンターガイドの手順に従ってサーマルプリンターをセットアップしてください。
  • 新しいハードウェアが見つかりました」ウィザードが表示されたら「キャンセル」をクリックしてソフトウェアをインストールしないでください。
  • UPSプリンターアプレットを使用するには、下記の手順を参照してください。
トップへ戻る

UPSサーマルプリンタドライバーのダウンロード

ダウンロード・ツール
ファイル名ファイル形式サイズダウンロード
Zebra
File Format:
File Size:11.3MB
Download:
11.3MB
Windows用Bixolon
File Format:
File Size:8MB
Download:
8MB
Mac用Bixolon
File Format:
File Size:3.6MB
Download:
3.6MB
トップへ戻る

Macにサーマルプリンターをインストールする

UPSサーマルプリンターアプレットは、次の要件が満たされている場合にご使用のMacからサーマルプリンターへの印刷をサポートします。

MACサーマルプリンターのインストール

  • USBケーブルでサーマルプリンターをMACに接続します
    • サーマルプリンターをオンにすると、上のライトが緑色に点灯します
  • このリンクからUPSサーマルプリンターインストールパッケージをダウンロードします
  • [UPS Thermal Printing-3.0.0.dmg]パッケージをダブルクリックします
    • [UPS Thermal Printing.app]をアプリケーションフォルダーへドラッグします
  • ローンチパッドを開けて[Thermal Printing.app]をクリックし、アプリケーションを実行します

アプリケーションが拒否された場合、MACセキュリティ設定を更新する必要がある可能性があります。 この問題を解決するには:

  • [システム設定]を開きます
  • [システムとプライバシー]を開きます
    • [一般]タブを選択します
    • 下部分にブロックされているアプリケーションが表示されます
    • [どこでも(Anywhere)]を選択します
  • プロンプトで、[承認]、[許可]、または[実行]をクリックします

CUPS MACプリンター設定インターフェイスが読み込まれない場合があります。 インターフェイスを手動で読み込むには、ブラウザを開き、アドレスバーに[localhost:631]と入力します。

  • デフォルトのブラウザは、MAC CUPSプリンターインターフェイスで開きます
    • インストールされたプリンターを確認します
    • [管理]タブをクリックします。
    • [プリンターの追加]ボタンをクリックします。
    • [ローカルプリンター]のセクションからサーマルプリンターを選択します。
    • [続行]ボタンをクリックします。
    • 事前記入された内容を削除し、フィールドに入力します。
    • プリンターの「名前」を入力
      • 例「ZP450」
    • 説明を入力します
      • 例「サーマルプリンター」
    • 場所を入力します
      • 例「オフィス、Mac1」
      • この先のリファレンス用の文のロケーション名。
    • 次の画面で再度[続行]をクリックします。
    • 別のメーカー/製造元の選択]ボタンをクリックします
    • 次のステップに進みます
    • [Raw]を[メーカー]として選択します
    • 「続行」 をクリックします。
    • [Raw Queue](en) を[モデル]として選択します
    • [プリンターの追加]をクリックします。
    • [デフォルトに設定]オプションを選択します
    • [プリンタのデフォルトオプションが正常に設定されました]と表示されるはずです
    • 次に、以下の手順に従ってClassを追加します

Classを追加する手順

  • [管理]タブをクリックします
  • 「Classの追加」ボタンをクリックします
  • あらかじめ記入された内容を削除し、フィールドに入力します。
  • Classの「名前」を記入します。 (PRINTER 名を記入してはいけません。) PRINTERとCLASS名は、大文字と小文字を区別します。)
    • 例えば、 ZebraClass
  • CLASSの「説明」を記入します。
    • 例えば、 Zebraプリンタークラス

注: クラスの「名前」または「説明」フィールドにEltronまたはUPSという言葉を使用しないでください。

  • CLASSの「ロケーション」を記入します。

CLASSロケーション名とPRINTERロケーション名を一致させることをお勧めします。

    • 例えば、 Mac1
  • メンバーのリストからプリンターを選択します。
  • 「Classの追加」ボタンをクリックします
  • 確認ウィンドウが短い間表示され、続いて「管理」ウィンドウが表示されます。

ログイン時に起動するようにUPSサーマルプリンターアプリケーションを設定する

  • Appleメニューから[システム設定]を選択します
  • [ユーザーとグループ]を選択し、[ログイン項目]タブを選択します
  • [+]記号をクリックして、アプリケーションを追加します
  • UPS Thermal Printing.appを選択して、[追加]をクリックします

注: アプリケーションがいったん追加されると、このウィンドウを閉じることができます

Chrome、Firefox、OperaでUPSサーマルプリンターアプリを使用する

  • [ups.com]にログインします
  • サーマルラベルを印刷します

SafariでUPSサーマルプリンターアプリを使用する

  • [ups.com]にログインします
  • サーマルラベルを印刷します
    • [プラグインがありません]とうメッセージが表示される場合
      • [不足しているプラグイン]をクリックします
      • [詳細情報]をクリックして[OS X用Javaをダウンロード]を表示します
      • [同意して無料のダウンロードを開始]をクリックします
      • [jre.dmg]ファイルを選択して、Javaをインストールします

Safariでの設定

  • Safariメニューから[設定]を選択します
  • メニューバーから[Webサイト]を選択します
  • 左側のナビゲーションバーの[プラグイン]セクションの[Java]を選択します
  • 右側の[構成するWebサイト]ウィンドウで[ups.com]を選択します
  • [オプション]キーまで下にスクロールし、[ups.com]の隣にあるドロップダウン矢印をクリックします
  • [セーフモードで実行]をオフにします
    • [ups.comを信頼して「Java」を実行する]というメッセージが表示されたら、[信頼する]を選択します
    • ラベルを印刷する際に、セキュリティリスクのポップアップメッセージが表示されたら、チェックボックスをクリックして利用規約に同意し、[実行]を選択します。
トップへ戻る

UPSサーマルプリンターアプレットを使用して印刷する

UPSサーマルプリンターアプレットはご使用のブラウザーやオペレーティングシステムから対応するあらゆるサーマルプリンターモデルに印刷できるようにします。 アプレットを使用するには、ご使用のPCにJavaバージョン7以降をインストールしておく必要があります。 ご利用のバージョンはhttp://www.java.comで確認できます。

UPSインターネット・シッピング用のサーマルプリンター


UPSサーマルプリンターアプレットを使用する:

ウィンドウ操作
デジタル署名 「この発行元からの内容を常に信頼する」をクリックします
Javaアドオン 「有効化」をクリックします
セキュリティ 「有効化」、「実行」の順にクリックします

UPSサーマルプリンターアプレットを使用します

  • このページであらかじめ指定された手順を使用して、UPSサーマルプリンタードライバーをインストールします
  • ups.comにログインします
  • ページ上部の「出荷」タブの上でマウスを移動させ、ドロップダウンメニューの「ユーザー設定」を選択します。
    注: CampusShipユーザーの場合は、「マイ設定」ボタンをクリックし、「出荷設定の編集」を選択します。
  • 「印刷設定」セクションで「表示/編集」を選択します。
  • 次のサーマルラベルチェックボックスをクリックします。
    • ラベルの印刷にサーマルプリンターを使用する
    • レシートの印刷にUPSサーマルプリンターを使用する
  • サンプルラベルの印刷」をクリックします
    「アプリケーションを実行しますか?」ウィンドウが表示されます
  • 上記の発行者と言語のアプリに再びこれを表示しない」チェックボックスをクリックします
  • 実行」をクリックします。
  • 「次のアプリケーションフォームへのアクセスを許可」ウィンドウが表示されます。 「このアプリとウェブサイトに対してこれを再び表示しない」チェックボックスをクリックします。 「OK」をクリックします。
  • 「アプレットがプリンタにアクセスを要求しています」ウィンドウが表示されます。 「このアプレットのプリンターへのアクセスを常に許可する」チェックボックスをクリックします。 「OK」をクリックします。
  • 「ラベル印刷」ウィンドウにプリンターの選択が表示されるまでに数秒かかります。 プリンター名を選択します。 ラベルが印刷されます。

ラベルを初めて印刷する場合、次のウィンドウが1つ以上表示される可能性があります。 その場合は下記の表にリストされている操作を行ってください:


トラブルシューティング:

  • ラベルのポップアップウィンドウが表示されない場合は、ご使用のブラウザーでups.comのポップアップがブロックされていないことを確認してください。
  • バージョン7のJavaをお持ちでない場合は、ラベルは印刷されません。 Javaの最新バージョンをインストールするには、www.java.comにアクセスしてください。
  • Javaの正しいバージョンがインストールされている場合は、ブラウザーの一時インターネットファイルを消去して、やり直してください。
トップへ戻る

Chrome(バージョン45以上)またはその他のブラウザでUPSサーマルプリンタを使用する

ご使用のブラウザがこの機能をサポートしていませんというメッセージが表示される場合は、次の手順に従ってください:

Windowsユーザー: インストーラ(以下のリンク)を実行すると、UPSサーマルプリンタアプリケーションがスタートアップフォルダに格納され、コンピュータを起動するたびに、自動でUPSサーマルプリンタアプリケーションが起動します。

インストーラを実行リンクを新しいウィンドウで開く

トップへ戻る

サポート

お探しの情報が見つかりませんか。その他のサービスとツールの情報をご覧ください。

サポート・トップに進む