/
  • Service Adjustments related to Coronavirus詳細
  • Temporary Service Adjustment during Tokyo 2020 Olympic Games in Japan詳細
  • Temporary Service Adjustments due to Typhoons in Zhejiang Province, China Mainland詳細
  • Temporary Service Suspension due to Heavy Rain and Floods in Henan Province, China Mainland詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
メインコンテンツに飛ぶ

お知らせとAPIの更新

2021年7月

ゾーン別ラージパッケージ・サーチャージ:(料金/出荷)

  • ゾーン別LPSがHundredweightサービスに適用されるようになりました

IOSSと欧州連合のVAT改正(出荷)

  • IOSS番号に新規フィールドが追加されます
  • これは、欧州連合の新たなVAT改正をサポートするためのものです。

Simple Rate開発者キットの最新情報(出荷/料金)

  • Simple Rate補助項目は、UPS.comの料金および出荷開発者キットに移動しました
  • ビジネスルールとXPath表項目が含まれます

2021年4月

ラージパッケージ・サーチャージ:(料金/出荷)

  • U.S.ゾーンのみ
  • Hundredweight Servicesを含めることに変更はありません。
  • 料金はゾーンによって異なります。

2021年1月

ブレグジット北アイルランドのルール: (全て)

  • 北アイルランドの都市における郵便番号の変更 - BTから始めなければなりません。
  • 出荷および料金 API向けの新しいアクセスツール : 551 - 英国国境料金

口頭での確認の削除 (出荷/料金):

  • 開発者ガイドの口頭での配達確認のデータ要素
  • NRF/Raveでは、削除日以降に送られてきたアクセサリーをエラーにします。新たなエラーは発生しませんが、アクセサリーが無効であるという一般的なエラーが発生します。
  • 新しいエラーメッセージ:111262-このアクセサリーは、選択されたオプションでは有効ではありません。以前のエラーメッセージを置き換えるには

EORI番号: (出荷)

  • EORI番号に関する情報は、「開発者ガイド」の「FAQ」をご覧ください。
  • EORI番号は請求書の追加コメント欄に記入してください。
  • ラベルに使用する場合は、EORIを第1または第2の「パッケージレベルの参照番号」として入力してください。

パッケージレベル(出荷)で許可された参照番号の追加:

  • 参照番号をパッケージレベルで5回使用できるようになりました。
  • 最初の2つの参照番号のみがラベルに記載されます。
    • リクエストを上から下に読むシステム

UPS Premier

医療機関に特有の重要な動きのイベントを可視化するために、可視化システムに追加の可視化を提供する新しい契約サービスです。詳細については、担当営業までお問い合わせください。

プレミアカテゴリーに応じた新機能の追加

  • カテゴリ
    • シルバー
    • ゴールド
    • プラチナ
  • 要件
    • RFIDプリンターが必要
    • カテゴリーシルバーでは、ZPLプリンタ言語のみ対応
    • 特定のカテゴリーの契約が必要
  • Impacted APIs
    • Shipping API
    • Rating API
    • Tracking API

2020年7月更新

Shipping API – 小口パッケージ

週末のサービス強化

  • US GroundまたはUS 3 Day Select を発送するUPSの荷送人は、発送元/発送先レーンが[週末サービス地域]内にある場合、土曜日に[商用アドレス]に荷物を配達するオプションがあります。この場合、運送料金の支払者には、新たに[土曜日の非プレミアム商用配送サーチャージ]が発生します。週末サービス地域]の適用を確認するには、 Time in Transit APIまたは[UPS.com]を参照してください。

新しいエラーコード - エラーコードについては、開発者ガイド付属書をご参照ください。

Rating API – 小口パッケージ

週末のサービス強化

  • US GroundまたはUS 3 Day Select を発送するUPSの荷送人は、発送元/発送先レーンが[週末サービス地域]内にある場合、土曜日に[商用アドレス]に荷物を配達するオプションがあります。この場合、運送料金の支払者には、新たに追加された「土曜日または日曜日の非プレミアム商用配送サーチャージ」が発生します。週末サービス地域の適用を確認するには、「Ratetimeintransitリクエストオプション」を使用するか、UPS.comを参照してください。

新しいエラーコード - エラーコードについては、開発者ガイド付属書をご参照ください。

Time In Transit Web サービス開発ガイド

週末配達の内容サポート

  • 土曜日および日曜日の3day Selectまたは地上での商用配達オプションに対応。
  • 日曜日の3day SelectとGroundの地上での商用配達オプションに対応。
  • 日曜日の宅配オプションに対応。

新規リクエスト 容器/要素
/TimeInTransitRequest/SundayDeliveryInfoRequestIndicator

新規対応 容器/要素
/TimeInTransitResponse/TransitResponse/ServiceSummary/
SundayDelivery
SundayDeliveryDisclaimer

集荷 - パッケージWebサービス開発者ガイド

週末のオペレーション

週末オペレーションプロジェクトでは、UPSの集荷業務を週6日から週7日に拡大し、週末サービス地域の必要性を評価します。
インターネット・ピックアップでは、集荷の予約をしたい場合、ユーザーが日曜日を選択することができます(週末サービス地域(WST)のみ)。
Sunday Ground(配達・集荷)をサポートするための納品物は以下の通りです。

  • ディスパッチ、ルートプランニング、ソーティング機能の強化
  • 配送プロセスの変更をサポート
  • 集荷の変更に対応(スケジュール、スマート、オンコール)
  • 日曜日の取扱量を正確に把握する
  • 週末オペレーションの拡大を可能にする請求書の変更をサポート


新しい要素
/PickupCreationResponse/WeekendServiceTerritory /PickupCreationResponse/WeekendServiceTerritory/SatWST /PickupCreationResponse/WeekendServiceTerritory/SunWST /PickupRateResponse/WeekendServiceTerritory /PickupRateResponse/WeekendServiceTerritory/SatWST /PickupRateResponse/WeekendServiceTerritory/SunWST

Quantum View® - パッケージ

2020年7月新しい機能

  • QQuantum View® APIでは、すべての製品のマニフェストM1およびM2レコードに、新要素SaturdayNonPremiumCommercialDeliveryIndicator およびSundayNonPremiumCommercialDeliveryIndicator が追加されます。

2020年3月更新

Shipping API – 小口パッケージ

UPSの承認済み料金
Shipping APIは、FRS貨物の承認済み料金をサポートします。

新しい警告コード:
120395 支払いアカウントがups.comのユーザープロファイルと関連付けられていません。
120396 公開されている返却料金。その郵便番号のお客様は見つかりませんでした。


Rating API – 小口パッケージ

UPSの承認済み料金
Rating APIは、FRS貨物の承認済み料金をサポートします。

新しい警告コード:
111671 支払いアカウントがups.comのユーザープロファイルに関連付けられていません。

Rating API -  Freight

UPSの承認済み料金
グラウンド・フレートRating APIは、FRS貨物の承認済み料金をサポートします。

2019年7月

Locator Plug-In

UPS Global Locator Plug-Inは、Global Locator API開発者向けキットでご利用いただけるようになりました。 Global Locator API開発者向けキット(プラグインが同梱されています)をダウンロードするには、ログインしてアクセス・キーを取得する必要があります。 このプラグインは、Locator APIの利用国と同じ国内でご利用いただけます。

Global Locator API開発者向けキットとプラグインをダウンロード

Locator API

今回の改善点として、次のヨーロッパの発地国がGlobal Locator APIに含まれます。

イスラエル (IL)、ロシア (RU)、ウクライナ (UA)、トルコ (TR).

Shipping API

新しい契約サービスであるUPS Worldwide Economyは、輸送時間はかかるものの費用効果の高い国際小口貨物サービスです。好調な越境Eコマースに対応し、Eコマース販売業者が新しい市場に参入するのを支援するよう設計されています。

サービス開始時点で、この契約サービスは次の国でご利用いただけます。米国 (US)、英国 (GB)、カナダ (CA)、中国本土 (CN)、香港(中国特別行政区) (HK)。 2019年9月と2020年1月に、このサービスをご利用いただける国が拡大される予定です。

1月 2019

Pickup API

Pickup APIを追加すると、アイルランドにて現金で支払えるようになり、また有料にてアイルランドでの土曜集荷が可能になります。。 また、アルゼンチン向け4桁および8桁の郵便番号に対応するよう、郵便番号コードが拡張されます。

Rating API

Rating APIにアップデートすると、発送元と目的地を入力して輸送時間を計算する際、重量貨物に対応できるようになります。

「料金とサービスガイド(Rate and Service Guide)」に合わせて、ラージパッケージサーチャージの名前を「イレギュラーパッケージサーチャージ」に変更しました。

UPS Worldwide ExpressPlus®、UPS WorldwideExpress®、およびUPS WorldwideSaver®の貨物について、米国を起点とする62の仕向国向けに土曜集荷への対応を追加しました。

Shipping API

Shipping APIにアップデートすると、「料金とサービスガイド(Rate and Service Guide)」に合わせて、ラージパッケージサーチャージの名前を「イレギュラーパッケージサーチャージ」に変更されます。

UPS Worldwide ExpressPlus®、UPS WorldwideExpress®、およびUPS WorldwideSaver®の貨物について、米国を起点とする62の仕向国向けに土曜集荷への対応を追加しました。

Time in Transit API

Time in Transit APIにアップデートすると、発送元と目的地を入力する際、重量貨物に対応できるようになります。

UPS混載貨物(「LTL」)輸送サービスは、TFI International Inc.またはその関連会社、事業部門(TForce Freightを含むがそれに限定されない)が提供するものであり、United Parcel Service, Inc.やその関連会社、子会社、関連事業体(以下、「UPS」)とは提携していません。UPSは、TFI International Inc.またはその関連会社、事業部門、子会社、関連事業体が提供するUPS混載貨物 LTL輸送サービスまたはその他のサービスに関連して、責任を負いません。