/
  • Service Adjustments related to Coronavirus詳細
  • Service disruptions due to the conflict in Ukraine詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
メインコンテンツに飛ぶ

出荷のボイド

ご利用になっているUPS出荷システムに関係なく、未出荷の貨物をボイドするのは簡単です。

出荷のボイドについて詳しくは、ご利用の出荷システムか以下のトピックを選択してください。

UPSインターネット・シッピング

ups.comで出荷ラベルを作成してから90日以内であれば、出荷履歴から貨物をボイドできます。 ページ上で「出荷」を選択し、「履歴の表示または出荷のボイド」を選択します。 ボイドする荷物の横にあるチェックボックスを選択し、「出荷のボイド」を選択してください。 貨物のボイドが正常に処理されると、ボイド済み列の荷物の隣に、Xが表示されます。

ボイドする荷物に関連付けられたアカウントナンバーは、お客様のUPS.comのプロファイルのアカウントでなければなりません。ただし、クレジットカード等のお支払い用カードを使って手配された貨物の場合は、出荷のボイドツールでのボイドはご利用いただけません。( これらの貨物のトラッキング・ナンバーには「T」または「G」が最初の8文字に含まれます。) これらの条件に該当する場合は、UPSまでお問い合わせください。

ラベルの作成から90日以上経過している場合は、UPSにお問い合わせの上、ボイドを依頼してください。 180日経過するとボイドは処理されなくなります。

出荷履歴

UPSにEメール

トップへ戻る

UPS CampusShip

UPS CampusShipSMのラベルを作成してから90日以内であれば、CampusShip出荷履歴から出荷をボイドできます。 貨物をボイドするには、ページの上部にある「出荷」を選択して、「履歴の表示または出荷のボイド」に進みます。 ボイドする出荷の横にあるチェックボックスを選択し、「出荷のボイド」を選択してください。出荷のボイドが正常に処理されると、ボイド済み列の荷物の隣に、Xが表示されます。

UPS CampusShipラベルの作成後、90日を経過している場合は、UPSにお問い合わせの上、ボイドを依頼してください。 180日経過するとボイドは処理されなくなります。

UPSにEメール

トップへ戻る

UPS WorldShip

メインのWorldShip®出荷画面の上部で「ボイド」を選択し、集荷ログからボイドする貨物を選択して、2度目に「ボイド」を選択します。「終業処理」をすでに実行しており「ボイド」を選択したのが2度目である場合、ボイドプロセスを完了するため、ups.comの出荷のボイドツールに転送されます。WorldShipではこれらの貨物に自動的にボイドのマークが付くことはありません。しかし、集荷ログから手動でマークを付けることはできます。

ラベルの作成から90 日以上経過している場合は、UPSにお問い合わせの上、ボイドを依頼してください。180日経過するとボイドは処理されなくなります。

WorldShipの使用方法のヘルプの詳細について

トップへ戻る

請求書を受領した後

ラベルの作成後90日以内に、UPS Delivery Invoiceに未出荷の出荷が表示された場合は、ご利用の出荷システムのボイドの手順をご覧ください。ラベルの作成から90日以上経過している場合は、UPSにお問い合わせの上、ボイドを依頼してください。180日経過するとボイドは処理されなくなります。

UPSにEメール

UPS連絡先

トップへ戻る