/
  • Service Adjustments related to Coronavirus詳細
  • Service Impacted due to Tropical Storm Ida in the U.S.詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
メインコンテンツに飛ぶ

重量とサイズ

荷物サイズの計測方法

1 で表されるように、胴回りとは荷物の一番長い部分を完全に 1 周する長さで、最長辺に対して垂直であるものとします。

2 で表されるように、長さとは荷物の最長辺を指します。

最長辺と胴回りの合計で、荷物のサイズを求めます。

How to Measure Girth and Length
トップへ戻る

貨物の重量とサイズ制限

UPSは、UPSサービスをご利用のパッケージに詳細な重量とサイズ制限を設定しています。次の制限は個々のパッケージにのみ適用されます。1件の出荷に対する、パッケージの総重量または個数に制限はありません。

  • 1個のパッケージ重量は最大 70キロ
  • 最長辺と周囲の合計が、最 400 cmセンチ
  • 最長辺 274センチまで
  • 31.5キロ、EU内では25キロ を超えるパッケージには、特別な「重量貨物ラベル」が必要
  • サイズ対重量率が大きい荷物には、特別な価格設定と容積重量計算が必要


注: UPSの重量とサイズ制限を超えるパッケージには、超過料金が適用されます。

上記の制限はほとんどのパッケージおよび配達先に適用されますが、一部の国ではその地域の制約事項により適用条件が異なる場合があります。詳しくは、UPSまでお問い合わせください。

高重量貨物のパッケージのガイドライン

容積重量

UPS連絡先

トップへ戻る

パレットの請求対象重量を判別する方法

請求対象重量は、料金の計算に使用される重量です。 パレット貨物の実重量と容積重量のいずれか大きい方が使用されます。 また、ミニマム料金が適用されます。

請求対象重量を判別するには:

ステップ1. 実重量を判別します。 実重量は、パレット上の貨物とパレットの重量を合計した重量で、0.5kg単位で切り上げます。

  • 重量を計量するときははかりを使用してください。 ポンドの端数は近い整数に切り上げます。


ステップ2. 容積重量を計測します。 容積重量はパレットの密度、つまり、実際の重量に対し、そのパレットが占有するスペースの量を意味します。 容積重量はUPSの国際サービスのすべてで適用される場合があります。

  • パレットの寸法をインチで計測します。 各寸法について、一番長い一辺を計測し、一番近い整数に計測値を切り上げます(たとえば、1.00から1.49は、1として、1.50から1.99までは2として数えます)。
  • 幅と高さを合わせてパレットの長さを算出します。 結果は立法サイズで単位はインチになります。


国際貨物の場合:

  • 輸出貨物については、パレット貨物の容積を5000で割り、容積重量をkg単位で算出します。端数は、0.5kg単位で切り上げます。
  • 輸入貨物については、パレット貨物の容積を5000で割り、容積重量をkg単位で算出します。端数は、0.5kg単位で切り上げます。


ステップ3. 請求対象重量を決定します。

  • パレット貨物の実重量と容積重量を比較し、いずれか大きい方を請求対象重量として料金の算出に使用します。
  • 複数パレット貨物の出荷については、個々のパレット貨物の請求対象重量を足しあわせて、全体の請求対象重量を算出します。出荷あたりのミニマム請求対象重量は71kgです。

トップへ戻る