/
  • UPS is open for business: Service impacts related to Coronavirus詳細
  • Temporary Service Suspension due to Flooding in Kumamoto, Japan詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
  • UPSサービスギャランティの一時停止について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

梱包ガイドライン

下記は、出荷する荷物を正しく準備するための梱包に関する一般的なガイドラインです。詳細については、以下のリンクを選択してください。

適切な梱包方法ガイドライン

UPSのリサーチにより開発された適切な梱包方法ガイドラインに従うことで、お客様の荷物を確実に安全かつスケジュール通りにお届けすることができます。

  • ふた付きの強度のある箱を使用する。
  • 箱に残っている古いラベル、危険物の表示、その他の古いシッピング・マークなどはすべて取り除く。
  • すべての商品を個別に包装する。
  • 適切な緩衝材を使用する。
  • 箱を閉じる際、強度のあるテープを使用する。
  • 細ひもや包装紙は使用しない。
  • 発送元と返送先の正確な情報を明瞭に記載した住所ラベルを1枚だけ貼る。
  • 荷物の中にももう一枚予備の住所ラベルを入れておく。
トップへ戻る

パレット積み貨物のガイドライン

UPS Worldwide Express Freight™およびエアフレートをご利用の上、パレット積み貨物を出荷する場合、安全かつ予定通りにお届けするため、次のガイドラインに従ってください。

  • 高品質パレットは通常、木製またはプラスチック製です。 貨物を支えるのに十分な強度のあるものを選んでください。
  • 十分な強度のある箱またはカートンを使用してください。 それらをパレット上に積み重ねます。
  • すべての箱をシュリンクラップ(最低60ゲージ)でパレットに固定します。
  • 国際貨物の出荷の場合、1梱包あたり68キログラム(150ポンド)を超える重さの貨物は、鋼鉄かポリストラップでパレットに固定されている必要があります。
  • 貨物の各パレットに、荷送人と荷受人の完全なアドレス情報(郵便番号を含む)および電話番号を記入します。
  • UPS Worldwide Express Freightの場合、輸出貨物の最大サイズは配送先の国によって異なります。 国際貨物の出荷の場合、パレットの最大重量は発地および/または仕向地により異なります。 1,995キログラム(4,400ポンド)を超える貨物には事前承認が必要です。

梱包資材

トップへ戻る

重量とサイズの計測方法

UPSは、すべてのUPSサービスで送られる貨物とパレットについて、特定の重量およびサイズの制限を設けています。 特定の重量およびサイズの制限について詳しくは、以下のリンクを選択してください。

重量とサイズ制限

トップへ戻る