メインコンテンツに飛ぶ
検索

容積重量

パッケージのサイズ対重量比が大きい場合、配送料金の算出に容積重量が適用される場合があります。

容積重量についてさらに詳しく

料金を計算する上でもとになる重量を決定するには、どの規則を適用するかを特定する必要があります。 容積重量は荷物の容積、つまり実重量に対してその荷物が占有するスペースの量を意味します。 容積重量はUPSの国内および国際サービスのすべてで適用される場合があります。 請求対象重量とは、料金を計算する上でもとにする重量です。 国内および国際輸送サービスでは、請求対象重量には実重量と容積重量を比べて大きい値が適用されます。 容積重量の計算方法は予告なしに変更される場合があります。

UPSが規定する重量・サイズの上限を超える荷物は、輸送を承ることができません。 UPSのシステム内でそのような荷物が見つかった場合には、超過料金が適用されます。

最初に戻る

荷物の容積を割り出す方法

荷物の縦、横、高さ(それぞれセンチメートル単位で計測)を掛けて、荷物の容積を算出します。 測定値はそれぞれ端数が出ないように丸めます。 結果の合計が荷物の容積です。

Measuring Cubic Size
最初に戻る

容積重量の計算方法

荷物の容積重量が実重量を超える場合は、請求対象重量として容積重量を計算します。

  • 実重量を算出: はかりを使用して荷物の重量を測定します。 端数は、0.5kg単位で切り上げます。
  • 容積重量を算出: センチメートル単位で計測し算出した荷物の容積を5000で割ります。 端数は、0.5kg単位で切り上げます。
  • 請求対象重量を判別するには: 荷物の実重量と容積重量を比較します。 2つの重量のうち、大きい方が請求対象重量となり、料金の算出にはこの重量を使用します。

複数個口発送の貨物の場合は、貨物に含まれる荷物すべての請求対象重量を合計します。

最初に戻る

ラージパッケージ条件

UPS小口貨物では、最長辺に、胴回り [(2 x 縦) + (2 x 高さ)] を足した合計が330cm 以上で、UPS最大サイズである419cmを超えないものをラージパッケージと分類しています。

最初に戻る

ラージパッケージ・サーチャージ

UPSでは最長辺に、胴回り [(2 x 縦) + (2 x 高さ)] を足した合計が 330cm以上で、UPS最大サイズである419cmを超えないものをラージパッケージと分類し、ラージパッケージ・サーチャージを申し受けます。

ラージパッケージには、ミニマム請求重量である40キロ のほか、ラージパッケージ・サーチャージが適用されます。

ラージパッケージ・サーチャージが適用された場合は、追加取扱手数料は適用されません。

最初に戻る