メインコンテンツに飛ぶ

不正行為を見破るには

不正使用の小切手または郵便為替

時間や場所を問わず、誰もが、どのようなものでも購入できるとこいうことは、この全世界の人々にはかり知れない機会をもたらします。ところが、常に正しいことのためにこれらを活用しようと考えない人もいます。不正利用の一例として、オンライン広告や詐欺的な人材募集などへの応答に、UPS Next Day Air®サービスを使用して、偽造小切手や偽造郵便為替を送付するものがあります。配達手段と荷物の中身の合法性はまったく別物であることにご留意ください。

予期しない小切手や郵便為替を受け取ったら、まず、詐欺ではないかと疑ってかかるべきです。また、予期した額よりも多い金額の小切手、郵便為替を受け取った場合にも、特に注意を払うことをおすすめします。電子メール経由で換金や預金を依頼し、その一部をWestern Unionやその他の手段で返金するよう求められるケースがあります。詐欺師の使う手口には、その額の一部(決して多額とは言えない額)を手数料として受け取るよう促しながら、元の小切手自体が偽ものということもあります。銀行でも最初にその小切手や郵便為替が合法であると信じられる場合さえあり、結果的に、後になってその持ち主であるお客様に、支払義務が生じることになります。

トップへ戻る

UPSの名前やブランドを騙った偽造ウェブサイト

昔は、巧妙な詐欺師には「正直者の顔」が欠かせませんでした。しかし、現在の犯罪者たちは、合法的に見えるウェブサイトや電子メールだけで、詐欺行為が成り立ちます。

UPSではお客様を守るため、UPSブランドの不正使用がないか定期的にインターネットを巡回しています。UPSでは知的所有権(商標、著作権、特許、業務機密)の不正使用や無認可の使用をモニターし、何らかの問題が検出され次第、対処します。不正ウェブサイトの中には合法的なUPSのウェブサイトに酷似したものがありますので、十分にご注意ください。正規のウェブサイトにアクセスするために、他のソースに埋め込まれたリンクではなく、「ups.com」または「international.ups.com」をご使用ください。

トップへ戻る

UPSの名前やブランドを使ったスパム、フィッシング、電子メール詐欺

不正な電子メールにはさまざまな書式が使われます。このようなメールはUPSとは関係のない、第三者による違法行為です。これらの「フィッシング」または「スプーフィング」とみなされる電子メールメッセージは、より一般化し、企業のブランド、色、他の法的なただし書きなどを使い、あたかも合法的なメッセージのように見せかけている場合があります。次に示すような一般的な詐欺の手口を知り、自分自身を守るようにしてください。

  • スパム: 「迷惑メール」と呼ばれる場合もあります。スパムメールは受信者の望まない電子メールメッセージで、受信者に直接メールを送りつけることを目的としています。
  • フィッシング: 「フィッシング」という用語は、送信者の個人情報や財務情報を取得して悪用しようとすることから、機密情報をフィッシュする(釣る)という言葉になぞらえています。

UPSではお客様からご要望がない限り、お支払い情報、個人情報、財務情報、口座番号、ID、パスワード、インボイスのコピーなどを、特に、商品の輸送やサービスの代わりに、電子メールや郵便、電話、Faxなどでおたずねすることはありません。UPSでは不正行為が原因で生じた損害について一切の責任を負いかねます。

不正なレターや電子メール、フィッシングをしかけようとする行為に気付き、それらを見抜くことが、盗用やその他の犯罪から身を守るために大変重要です。一般的な違法電子メールの特徴を次に示します。

  • 設計上の欠陥: ゆがんでいたり、不規則なサイズのロゴが記載された電子メール 
  • 文法上の間違い: 文法的な誤りや感嘆符が過度に使用されている 
  • 誤字・脱字: 誤字・脱字やつづりの間違い、またはウェブサイトを偽装するためにわざと似せてつくられた文字列(たとえば、合法的なサイトである www.ups.com に似せて作られた www.unitedparcelservices.com など)
    注意: UPSより送付する合法的なメールには、ups.comおよびupsemail.comなど複数のURLがあります。
  • 緊急を装う: 「お客様のアカウントは24時間以内に停止されます」あるいは、「荷物/景品を受け取るために、ただちにご連絡ください」など、緊急に手続きを行うよう求める警告メッセージ
  • 予期せぬ要求: 荷物や他の物品の配達の代わりに、金銭、財務情報(銀行口座、お支払い用カード番号)または個人情報を求めるもの 
  • 通信上の不審点: 要求された情報による通信方法(電話、郵便、物理的な場所など)以外に、代替手段を示さない電子メール
  • 偽リンク: Eメールに表示されているリンクで、いつもの安全なサイトに誘導するように見せかけていて、実は安全ではない不正サイトに誘導するのが偽リンクです。事前に検知するにはカーソルをリンクに重ね、実際に接続されるリンク先をステータスバーの左下や、お使いのEメールクライアントによってはその他の場所にポップアップで表示させます。もし実際のリンク先が、メールに表示されているリンクと異なる場合には偽リンクの可能性が高いと思われます。またリンクにアルファベットではなく数字が入っていたり、省略や綴りの間違いがある場合にも偽リンクの可能性が高いので十分注意が必要です。

合法的なUPSからの連絡の中には、電子メールに「epackage」リンクが記載された電子メールでのお知らせが届くことがあります。これらのメッセージは、機密情報を取り扱うために保護を強化したもので、関連付けられたリンクは常に https://ftp2.ups.com から開始されます。

不正Eメールのサンプルを表示リンクを新しいウィンドウで開く

トップへ戻る

UPSの名前やブランドを装う電話、レター、Fax、その他の通信手段による詐欺行為

ウェブサイトや電子メールのほかに、詐欺師たちは個人情報を集めようと電話、Fax、レター、その他の通信手段を悪用する場合があります。これらの偽装通信はUPSに関係のない第三者による不正行為と言えます。UPSを装った不正なコミュニケーションでは、未配達の荷物があるとお伝えする場合があります。このようなお知らせでは一般的に個人情報を聞き出そうとしたり、荷物の受け取り前に支払いを依頼したり、個人情報やUPSインボイスのコピーを提出させてアカウント情報を更新する必要があるとお伝えする場合があります。

UPSが荷物についてお客様にご連絡する際は常に、UPSの担当者より、ウェブサイトで確認可能なトラッキング・ナンバーをお知らせいたします。また、UPSはサービスやキャンペーンのお知らせなどの目的でお客様に連絡を差し上げる場合があります。ただし、通話相手の指示に従う前に、電話番号を確認してかけ直すなど、安全対策をとることも是非ご一考ください。

かかってきた電話に不審な点があった場合は、通話相手に氏名を確認し、該当する電話番号にかけ直すことをお勧めします。

トップへ戻る

在宅ワーク募集を騙った詐欺手口

ほとんどの違法な在宅ワーク募集型詐欺手口は、未経験者に非現実的な賃金体系を設けていたり、詳細を公表する前に支払いを求めるなどの特徴があるため、それを見極めることで回避できます。ただし、このような詐欺手口の中には、不正行為と特定するのがより困難で、思わぬ落とし穴にはまり被害に合うケースも存在します。特定された不正行為の例をご紹介します。

  1. 人件費・給与(または他の小切手)処理担当者: この職種を悪用した詐欺的手口では、給与明細や他の小切手、郵便為替などの印刷と送付を「業務」として委託します(通常、UPS Next Day®やその他の翌日配送型サービスを使用)。詐欺行為者は小切手作成ソフトウェアを提供、または、その購入を依頼し、UPS(または競合他社)のアカウント・ナンバーを提供、または、取得するよう依頼します。同様に、詐欺行為者は小切手の印刷時に使用する銀行口座番号、デジタル署名、名前や住所の一覧、支払い金額を用意していることもあります。不正な小切手はその後、商品を売りに出した人物に送付されます。それを受け取った人(売主)は小切手を現金化するよう求められます。売主が依頼した当初の額より多い金額が書かれているのもよくある手口です。詐欺行為者は商品とともに、小切手に多く記入されていた差額の返還を求めます。小切手はのちに、銀行から不正小切手として返却されます。
  2. ミステリーショッピング: 合法的なミステリーショッピングの買い物客は、店で買い物をしたあと、その店(または第三者)に買い物についてのフィードバックを残します。このタイプの職を悪用した詐欺的手口では「ミステリーショッピングの購入者(の仕事を委託された人)」に小切手または郵便為替経由で送金されたお金を使用して買い物をするよう促します。そして、のちに、それが詐欺行為であったことが発覚するのです。このケースでは、ときに「ミステリーショップ」から第三者(Western Unionなど)へ、金額の一部を送金するよう指示されることもあります。
  3. 返品処理担当者: この職種の詐欺的手口では、ある企業の顧客から貨物を受け取り、それを処理するというパートタイム作業を委託します。この企業の商品とは、ときに電気製品であったり、子供用のアクセサリーや自動車の部品など、さまざまです。雇い主は委託者に荷物を検査し、再梱包して別の場所へ商品を送付するなど、「返品処理マネージャー」からの指示に従って処理するよう指示します。初期費用はかからない場合もあり、この職に必要なすべての支給品が注文および送付されます。連絡ははじめのうちはEメールで行われます。
トップへ戻る

UPS連絡先

皆様の声をお聞かせください。

UPSになりすました不正なEメールを受け取ったと思われる場合、そのメールをfraud@ups.comに転送し、お客様のメールから削除してください。

不正行為についてUPSに連絡