/
  • 韓国におけるストライキによるサービスへの影響について詳細
  • Temporary Service Arrangement due to Typhoon Kammuri (Tisoy) in the Philippines詳細
  • Temporary Service Adjustment due to SEA Games in the Philippines詳細
メインコンテンツに飛ぶ

輸出の請求オプション

お客様のビジネスに合った、国際輸送の請求オプションを選ぶ

UPS国際輸送における請求オプションは、お客様のビジネスモデルに最適な方法で料金をお支払いいただける自由度を提供します。どのオプションを選択いただいても、UPSは正確に国際輸送の配送料金をご請求します。

オプション

  • 料金は荷送人、荷受人、または第三者に請求することができます。
  • 国際貨物の料金には通常、配送料金、関税、税金(消費税等)が含まれます。 
  • UPSの出荷システムをご利用のお客様は、配送料と、関税・税金(消費税等)を別々の支払人に割り振ることもできます。あるいは、「スプリット・デューティ&タックス(SDV)」オプションを使用すれば、お客様は配送料・関税を1つの組織に、税・VATを別の組織に請求することができます。

 

次に、ご利用いただけるUPSの国際輸送における請求オプションの一部をご紹介します:

  • 荷送人が配送料を支払い、荷受人が関税・税金(消費税等)を支払う
  • 荷受人がすべての料金を支払う(「運賃着払い」ともいいます)
  • 荷送人がすべての料金を支払う(「Free Domicile」ともいいます)
  • 荷送人が配送料を支払い、第三者(別の国に所在する場合も可)が関税・税金(消費税等)を支払う**

他に指定がない限り、配送料は荷送人のUPSアカウントナンバーに請求され、荷受人が関税・税金(消費税等)を支払います。*UPSの紙のWaybill (運送状)ではSDV請求オプションはご利用いただけません。**一部の国では一部の請求オプションがご利用いただけない場合もあります。請求についての詳細は、サービスガイドを確認するか、お近くのUPSまでお問い合わせください。

注: Duties & Tax Forwarding Surcharge(各種税金手配追加料金)は、荷送人が仕向国以外の支払人に関税・税金(消費税等)の支払いをリクエストした場合に課されます。第三者のUPSアカウント・ナンバーが必要です。