ルパン・ファーマスーティカルズのケーススタディ

インド最大の製薬会社のひとつが、米国での物流を改善したいと考え、UPSヘルスケアに支援を求めました。医薬品はジェネリックですが、サプライチェーンは自前のものではなかったからです。

処方箋を袋に入れる薬剤師。

「その移行期間中に、UPSは3週間にわたり毎週末作業をし、5,000パレット分の製品を移動しました。顧客サービスの中断を最小限に抑えながら、大きな仕事を遂行しました。素晴らしい変換となりました。」

ルパン・ファーマスーティカルズ 販売および米国ジェネリック担当バイスプレジデント デイヴ・バーホルド

課題

世界のジェネリック医薬品の1/3~1/2はインドで生産されています。ルパンは、インド最大の製薬会社5社のうちの1社で、年に数千パレットものジェネリック医薬品をほぼすべて空輸で輸出しています。同社の配送には、遅延はほぼ認められません。供給の即応態勢が整っていなければ、医薬品は患者のニーズに応えられないからです。

ルピンは、サプライチェーンの問題を解決でき、変動する需要に対応し、倉庫での在庫をしっかりと管理できる、長期的なグローバル成長のパートナーともなりうる効率的な倉庫配送サービスのプロバイダーを探していました。

ソリューション

7週で、UPSは米国内にあるルピンのサプライチェーン全体を変えました(通常であれば5か月はかかるプロセスです)。3週間にわたり毎週末に5,000パレットの製品を移動させ、しかも顧客サービスの中断を最小限に抑えました。

今ではUPSがルパンのジェネリック医薬品在庫の倉庫業務と流通を担当し、バックオーダーや遅延の防止に一役買っています。加えて、温度管理から認可保管まで、ルパンのポートフォリオ全体のニーズに応える貢献もしています。

ケンタッキー州ルイビルで医薬品のパレットを積んだトレーラーを受け入れます。製品は、特殊ヘルスケア認可流通センターへ移送します。オーダーが入ると、UPSは迅速に集荷、梱包、出荷します。

数量の頻繁な揺れを管理するため、UPSは複数顧客の構内環境と融通のきくベテランの流通職員を活用して、中断なく需要の増減に対応しています。

結果

到着物資の在庫数量に対する対応能力が柔軟なため、市場速度と信頼性が向上し、新薬のジェネリック認可が下りると、ルパンはいち早く新製品を発売して競争力を確保できました。

UPSのインフラと専門知識に支えられ、今ではルパンは、全国の戦略拠点で製品在庫を積極的に管理できるようになっています。

またUPSは、ルパンの航空貨物の6%を陸路に転換して同じ速さで配送し、コスト削減にも貢献してきました。節約額はポンドあたり0.50 ドルでした。これは毎年数百万ポンドの貨物を運ぶ企業にとって、決して小さな額ではありません。

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く