Exact Sciencesのケーススタディ

Exact Sciencesが自宅で大腸がんをスクリーニングする画期的な方法を開発した際、検査の配送と検体の迅速な送付の取扱でUPSを利用することになりました。

「輸送時間は、検体の安定性のために非常に重要です。患者の検体がラボに適時に返送されることが重要で、UPSは毎日それを行ってくれます。」

Tammy Turek-Etienne、業務担当VP、Exact Sciences

課題

Cologuardを使用すると、患者は自宅でプライバシーを保ちながら、大腸がんのスクリーニングを行えます。しかし、大規模にスクリーニング検査を行うには、Exact Sciencesは検査を患者の個人宅住所に配送し、簡単かつ迅速に検体を返送するための物流ソリューションを必要としていました。

ソリューション

UPSの既存のネットワークおよび返送ポートフォリオを活用し、UPS Healthcareと長期的に提携することで、Exact Sciencesは成長に合わせて自社のロジスティクスを効率的に拡大することが可能になりました。

結果

2014年にExact SciencesがCologuardを導入して以降、検査件数は750万件に達しました。

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く