適正温度で定時定点必達を実現

コールドチェーン技術の進化と、UPS Healthcareがそれを利用して重要な試験、ワクチン、治療法を必要としている患者に届けている方法をご覧ください。

医薬品をコールドチェーンのパッケージに詰めている女性職員。

コールドチェーン テクノロジー ロジスティックス

物流の世界にコールドチェーン技術が導入されて数十年経ちますが、その間食品を氷詰めにして輸送した単純な時代から、今日の超低温救命ワクチンの複雑な輸送まで変革が進んできました。

技術の進歩により、温度管理製品の世界的な出荷が容易になりましたが、基本コンセプトは変わっていません。つまり、商品を適正温度に保ち、サプライチェーンの終端にいる患者のために、有効性と安全性を担保するということです。

UPS Healthcareは、2000年以来、最先端のコールドチェーンツールと技術を利用して、輸送中の医療用荷物を適正温度に保っています。数年にわたり投資を継続し、最近ではほぼ完璧なサービスでコロナワクチンを全世界に届けています。

当社の持続的な成功により、新薬の将来的な配送に長期的な意義が生じていますが、特に生物製剤や温度管理治療法は開発中の新薬の半数以上を占めています。

がん、呼吸器、自己免疫、心臓の疾患をはじめとする慢性の生活習慣病がかつてないペースで増加している今、温度管理薬品や治療薬が急速に開発され、その重要度を増しています。

その結果、UUPS Healthcare™ Cold Chainソリューションのようなエンドツーエンドのコールドチェーンネットワークが不可欠になっています。弊社のカスタムソリューションは、国内だけでなく全世界の地域社会と患者を守り、積荷を安全に届けるために貢献しています。

UPS Healthcareにおけるコールドチェーン史の解説画像を見る

UPS Healthcareにおけるコールドチェーン進化に関する解説画像

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く