生物製剤の将来のためにコールドチェンのロジスティクスに投資

UPS Healthcareの世界的な施設の拡大は、医薬品の未来を管理し保護します。

UPS Healthcare施設

医薬品業界の未来は私たちの目の前で形作られており、それは、複雑なデータ分析、予防治療、在宅医療サポート、温度管理された生物製剤と治療法によって構成されています。

Biopharma Cold Chain Sourcebookによると、コールドチェーンのトレンドから、少なくとも2~8度での保管と出荷が必要な医薬品は、2018年から2024年にかけて48パーセント増加すると予測されています。また、コールドチェーンサービス全体の市場(梱包および輸送、データサービス)は今後3年間で大幅に成長し、2019年から2020年にかけて10%であった成長率は2024年までに24%になると予測されています。

これらの医薬品や治療法が大きく期待されているのは当然のことですが、摂氏8度からマイナス80度にいたるまで、輸送と保管において繊細な温度管理が必要とされるため、大きな課題となっています。これらの温度範囲外では、生物製剤はその有効性をすぐに失います。

これまで従来のサプライチェーンは、大量生産の合成薬品を輸送することができれば十分でした。しかし、温度に敏感な状態でより複雑なルートを通って輸送しなければならない生物製剤についてはどうでしょうか?

UPS Healthcare™コールドチェーンを見る

2021年5月で、UPSは一連のコールドチェーン技術、最高レベルの機能、拡張されたグローバル施設の提供により、ヘルスケア専用分野で市場をリードする運送会社となりました。

適時適所のコールドチェーンへの投資

ほとんどの医療品企業および医薬品企業は研究開発に最善を尽くすことに注力しています。特に生物製剤のような複雑な配送を含むロジスティクスの管理には貴重な時間と人材が浪費されます。

UPS Healthcareは、パンデミックを通じて示した専門知識とリーダーシップに基づき、企業に最高のコールドチェーンロジスティクスを提供し、医療品業界の未来を引き続きサポートする世界的なネットワーク拡大計画に対する積極的な投資を近日開始しました。

これらの投資には、国際的な追加の専門知識、より大規模な地上ネットワーク、新しく拡張された施設、パッケージ移動の透明性の向上も含まれます。これにより、製品を安全で信頼できる方法で保管および配送するための機能が拡張されます。

UPS Healthcareのグローバル戦略には、米国、カナダ、オランダ、シンガポール、オーストラリア、メキシコの再利用可能なパッケージの製造施設が含まれており、よりサステイナブルな配送手段や費用の節約が可能になります。これらのロケーションは2021年および2022年でオンライン表示されます。

コンベアが稼働するUPS Healthcare施設内の様子

ステップバイステップの改善

UPS Healthcareのコールドチェーン拡大の完全な規模は、世界中の戦略的地域で進行中の施設の建設と拡大により最も明白です。

2022年末までに、お客様はコールドチェーンネットワーク内の約100万平方フィートにわたるハイレベルな消毒基準に準拠したサポートスペースにアクセスできま。エンドツーエンドのサービスにより、輸送効率が向上し、費用が削減されます。

新施設の建設および既存施設のアップグレードによりコールドチェーン施設を近代化しました。外観:

オーストラリア(シドニー)

この既存施設の5,000平方メートルからおよそ25,000平方メートルへの拡張は2022の後半に完了する予定です。新しい施設は、摂氏25度からマイナス30度までの製品に対応する、大幅な冷却装置および冷凍庫の保管機能の強化を特徴としています。同じ建物内にMarkenが存在することで、顧客は臨床試験に必要な高頻度接触の専門サービスを利用できるようになります。この専門施設は最終的に、製薬、バイオテクノロジー、医療機器のコンプライアンス、特別な保管方法、取り扱いのニーズに基づいて、オーストラリア/ニュージーランドおよびアジア太平洋市場をより適切にサポートします。

チェコ共和国(オストラヴァ)

今年9月に操業を開始したこの新しい施設は、3,800平方メートルの専用ヘルスケアスペースを備えています。UPS Healthcareチームは、中東欧諸国の卸売業者と流通業者にサービスを提供するマルチクライアントネットワークを計画しています。倉庫内の冷却エリアには今後、さらに多くの機能が追加される予定です。

ドイツ(ギーセン)

この新しい施設は、冷蔵室と冷凍室をそれぞれ10パーセントずつ含む、15,000〜20,000平方メートルの倉庫を備えており、2022年12月に稼働を開始します。この設計には適正製造基準(GMP)室と危険物(DG)バンカーが含まれ、品質と安全性を確保するための特別な機能と管理されている環境の両方を備えています。

オランダ(ルールモント)

この施設は2022年初めに開設され、緊急に必要とされる冷凍施設を提供します。これは、欧州全域で、ワクチンを含む多数のバイオ医薬品の強力で信頼性の高いコールドチェーンの重要なリンクとなります。UPS Healthcareチームは、冷却庫(摂氏2度〜マイナス8度まで)にいくつかの1,900パレットを新たに追加し、冷凍庫(最大マイナス20度)にもまた、いくつかの1,400パレットを追加しました。

ポーランド(ブウォニエ)

この既存施設の拡張と近代化は2021年12月に開始されます。kオ摂氏15〜25度で管理された室温(CRT)条件および摂氏2〜8度の低温条件で、24,500平方メートルの領域に550個の追加パレットを保管します。

ケンタッキー州ルイビル(米国)

この新しい施設は、同社の自動化された国際的なハブ空港であるUPS Worldportからわずか5kmの場所にあります。ルイビルの施設では米国で初めてのさまざまなサービスが提供されており、拡張により、冷凍庫の保管容量が690パレット、冷却庫の保管容量が2,890パレット追加されました。32,700平方フィート以上の総貯蔵面積を持ち、常温、冷蔵庫、冷凍庫、超低冷凍庫の貯蔵機能とドライアイスの製造が可能です。

カリフォルニア州ミラロマ(米国)

この新しい施設は2022年3月に操業を開始し、地域の医療ロジスティクスキャンパスを213,000平方フィートに拡張されます。この施設には、超低温(ULT)冷凍庫を含む常温、冷蔵、冷凍のスペースがあり、多くの医療機器や、特定の低温保管を必要とする低分子および高分子医薬品の保管機能も備えています。

適応が成長につながる

医薬品、コールドチェーン、医療機器、研究室の世界は日々変化しています。UPS Healthcareのような先見の明がありビジョンを持った組織は、業界に最大の影響を与えるという約束を実現する方法で、成長と拡大について考える必要があります。

現在、125個のGDP/GMP施設を34か国に戦略的に配置しているUPS Healthcareは、生物製剤の時代に世界をリードする役割を担います。

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く