UPS ヘルスケアはヨーロッパのヘルスケアの次の段階に向けた投資を実施

ヨーロッパでの投資により新たな能力と機会を実現

倉庫で働くヘルスケア社員

最新情報:UPSヘルスケアは、世界で最も急速に成長しているヘルスケア市場の本拠地であるヨーロッパで、積極的な事業展開を続けています。投資には、新規および更新された施設や拡張された可動式コールドチェーン車両、真のエンドツーエンドソリューションを提供するための新たな製品やサービスが含まれます。

重要な理由: バイオ治療薬の世界市場は、2020年の285.50億ドルから2025年までに421.80億ドルに増加すると予想されており[1]、ヨーロッパには医薬品および医療機器分野で世界の大手の革新的企業のの大半が拠点を置いています。

これらの次世代の治療や特殊医薬品、個別化医療には、患者にとって重要で、時間や温度の影響を受けやすい製品の正確なグローバルロジスティクスが必要です。

「ヘルスケア業界はかつてないほど革新的になっています」と、 UPS Healthcareの社長のWes Wheelerは述べています。 「当社は、こうした患者に不可欠な製品を、時間どおりに適切な温度で、必要とされる場所に届けられるよう、ネットワークとサービスを積極的に拡張しています。」

UPSヘルスケアは、そのようなニーズに応えるため、以前からネットワークに投資し、グローバルな「ネットワーク内のネットワーク」を構築し、市場で最高品質のヘルスケアサービスを提供しています。臨床試験や製造、最後の1マイルの配達など、UPS ヘルスケアは、現在や将来に必要なものを支援するための専門知識と規模、質の高いネットワークを有しています。

UPS Healthcare™ Cold Chain Ground fleet.

ヘルスケアの能力を拡大: 2021を通じて、UPSヘルスケアは全世界で、イタリアとチェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、オランダ、ドイツの新たな専用またはアップグレードされたヘルスケア施設を含む、36,000m2以上のコールドチェーンGMP冷蔵庫と冷凍庫に投資しました。   

また、ヨーロッパ全域でUPS® Premierサービスを開始し、高度なセンサー技術により、重要なヘルスケア貨物の輸送に対応した技術的なアップグレードを行いました。 

その高度に専門化されたハンドリングと、輸送全体での可視性や制御性の向上により、UPSのグローバルネットワークのどこでも、貨物の位置から3メートル以内の追跡が可能になります。

新たにアップグレードと拡張が行われたヨーロッパのヘルスケアのハブは、ケルン・ボン空港にあるUPSのヨーロッパの航空ハブに近い、オランダのルールモントで稼働しています。ロッテルダム、アントワープ、アムステルダムなどの主要港に直接アクセスできるため、世界各地への輸送時間が短く、ヨーロッパの80%に翌日配達することが可能です。 

今年初めに、UPS ヘルスケアは、ベネルクスとイタリアでも専門の温度管理車両の台数を増やしました。これらの車両は、温度管理された環境でヘルスケア製品を輸送し、患者のためにタイムクリティカルで温度変化に敏感な治療を行う病院、薬局、診療所、ラボ、医師などに、GDPに準拠した翌日配達を提供します。今回の拡張により、ハンガリー、英国、ポーランドにおけるUPSヘルスケアの既存のコールドチェーン輸送サービスが強化されるものです。

影響: UPSヘルスケアのヨーロッパ全域に広がるインフラは、温度変化に敏感な製品を扱うために構築され、ヨーロッパ全域で数百回分のCOVID-19ワクチンの配送を支援しました。これまでに、UPSは、99.9%の定時配送率で、1.50回分のCOVID-19ワクチンを110か国で配送しています。

[1]https://www.bccresearch.com/market-research/biotechnology/biologic-therapeutic-drugs-technologies-markets-report.html

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く