備蓄拠点により倉庫ロジスティクスを改善する4つの方法

フォワード ストッキング ロケーションは備蓄によりインフラの経費と複雑さを軽減し、ヘルスケア事業に集中することができます。

UPS Healthcareの在庫保管拠点

世界で展開しているヘルスケア企業にとって、迅速に商品を配送し、問題のある場合にサービスを提供するのは難しいことです。例えば、ドイツにある顧客のハイテク医療機器が故障した場合に、交換部品を中国のメイン倉庫から出荷するのでは時間とコストがかかります。

ヘルスケアでは常に時間が命です。医療機器を輸入し、交換をする場合、その処理時間には生死がかかっています。多種多様な分野に進出している世界企業であれば、備蓄拠点の利用が可能です。これは現地保管場所(FSL)とも呼ばれ、医療用貨物の取扱いを最適化するのに役立っています。

世界で備蓄拠点として、顧客の近くに戦略的に倉庫を配置し、在庫やスペアパーツを保管します。

FSLを利用すれば、一か所に設置されたメイン倉庫を利用するよりも商品を効率的にその国の顧客に届けることができます。通常、即日配達か翌日配達が可能となります。これにより輸送時間と経費も減り、時間とコストの節約になります。

3PLロジスティクス企業は、こうしたFSLを増設し、倉庫管理の専門スタッフを維持することなく、ビジネス効率を高めることができます。

FSLを利用して倉庫戦略と顧客対応時間を改善するための方法を以下にご紹介します。

1. 既存のFSLネットワークを利用して資本コストを節約する

多くの物流業者は、複数の顧客を対象に倉庫施設を運営していることから、新規顧客は倉庫・物流ネットワークを構築する必要がなく、その分の経費を節約できます。例えばUPSヘルスケアの場合、世界中に在庫保管拠点ネットワークを維持し、現地の倉庫スペースを提供しています。これには厳密な温度管理が必要な物資向けのコールドチェーン保管施設も含まれています。第三者業者の倉庫スペースを共用すれば、使わないスペースの支払いは不要になります。

戦略的に配置されたFSLがあれば、特急航空便で顧客に重要な製品を配送する必要も減ります。もっと費用対効果のよい配送オプションを使用できるようになるからです。

「一企業向けにグローバルな部品倉庫ネットワークを構築・管理するには、途方もないコストがかかります。それを外部委託すれば、はるかに費用対効果が上がります」と、UPSのサービスパーツロジスティクス担当バイスプレジデントのデヴィッド・オリアリーは言います。

2. 現場サービスを迅速化して利益を上げる

顧客は、機材のダウンタイムを最小限に抑えるために、高い基準のアフターサービスを期待しています。医療機器の修理や返品が必要な場合、顧客は迅速な対応を求めてきます。顧客の最終収益と顧客サービスがかかっているからです。

主要な在庫品を世界の顧客の近くに維持すれば、会社の所在地がたとえ遠くであっても、顧客の生産性向上に貢献できます。

B2B部門では、たいてい顧客により、故障機器に係る最大修理時間が「サービスレベル契約書(SLA)」で規定されています。FSLネットワークと関連するロジスティクスを、自己管理型のサービスネットワークの数分の1のコストで利用できるため、契約を獲得した場合でも、機器のダウンタイムを大幅に短縮して、競争力のあるSLAを海外の見込み顧客に提供できます。

「UPSには広範囲にわたるFSLグローバルネットワークと統合輸送オプションがあり、2~4時間という顧客にSLAで規定された最も厳しい配達時間にも対応できます。顧客のサービス差別化を支援することができます」と、オリアリーはコメントしています。

主要な在庫品を世界の顧客の近くに維持すれば、会社の所在地がたとえ遠くであっても、顧客の生産性向上に貢献できます。

3. クラス最高の倉庫管理ソリューションで在庫数を減らす

パーツ計画立案能力を備えた包括的なITプラットホームが組み込まれた、信頼性の高い、堅固なサプライチェーンは、データを使用し、「万が一」の問題発生時のための過剰在庫を削減することができます。選定した場所とパーツの保管数量によって、ネットワーク全体に必要な在庫量が決定されます。これは輸送コストに大きく影響します。

UPSのような業者は、グローバルなFSLと統合技術プラットホームを一体化することで、費用効率の高い方法で貴社のニーズに応えることができます。「顧客のために常に新しい効率を追求している物流・配送業者と提携すれば、顧客サービスレベルを最小経費で維持しつつ、在庫を最小限に抑えられます」とオリアリーは述べています。

通常、物流・配送業者には、エンド・ツー・エンドのサプライチェーン経費を示した倉庫管理ソリューションがあるので、現在の経費と、主要な数値指標や目標と比べて、施策を調整することができます。

「顧客のために常に新しい効率を追求している物流・配送業者と提携すれば、顧客サービスレベルを最小総経費で維持しつつ、在庫を最小限に抑えられます。」

UPSサービスパーツロジスティクス担当バイスプレジデント、デイビッド・オリアリー

4. 倉庫管理ではなく、コアのビジネス目標に時間をかける

貴社は国際市場で倉庫運営業務を行っているのではありません。最終的にあらゆる場所にいる患者の生活を変えるような、製品の革新、開発、優れたカスタマーサービスの提供に向けてビジネスを展開しているのです。サービスのロジスティクス業務や在庫管理を第三者ロジスティクス業者に委託すれば、貴社はもっと多くの時間とリソースを次世代製品に投じ、長期的な成功を最大限に実現できるはずです。

経験豊富なロジスティクス業者と提携すれば、優れた現場サービスや世界的な流通需要を生み出せると、オラーリーは確信しています。「中規模企業にとっては、コールセンター、技術サポート、パーツの迅速なディスパッチ、現場サービス技術者の管理、リバースロジスティクス、修理サービスなど、広範にわたり重要な機能を持っているパートナーと連携したほうが、簡単でしょう。」とオリアリーは述べています。

備蓄により、ヘルスケア事業を最適化する方法について詳しくはお問い合わせください

微笑む女性

お問い合せ

お客様のビジネスニーズについて、詳しくお聞かせください。

カスタマイズされたロジスティクス計画が、お客様の成功のためにどのように役立つかを、ご説明させていただきます。

専門家に聞く