/
  • UPS is open for business: Service impacts related to Coronavirus詳細
  • UPSサービスギャランティの一時停止について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

貨物のボイド

出荷履歴ページでは、90日以内に手配した貨物をボイドすることができます。このページでは90日以内の出荷履歴を表示できるほか、荷物情報や配送料金などの出荷詳細を閲覧することができます。

注: 一部のUPS CampusShipサービスと機能は、UPS CampusShip管理者によって割り当てられます。管理者に問い合わせるには、「管理者の検索」ボタン(使用可能な場合)を選択するか、出荷の準備ページ下にある「会社サポート」を選択します。

出荷をボイド(キャンセル)する方法

出荷履歴ページから、過去28日以内の出荷をボイドできます。また、このページでは、過去90日間の出荷履歴と、荷物情報や運送料金などの貨物明細を表示することもできます。注: 「出荷履歴」機能の一部は、お客様の管理者が割り当てている場合があります。

出荷をボイドするには、「出荷」タブを選択し、「出荷履歴」を選択します。UPS CampusShipユーザーは、過去の出荷表の出荷をボイドできます。目的の出荷の横にあるボタンを選択し、「出荷のボイド」を選択します。「出荷の完了」ページから、特定の出荷のボイドを選択することもできます。

プロンプトが表示されたら、「OK」を選択して要求するボイド・アクションを確認します。ボイド・アクションを終了するには、「取消」を選択します。

OK」を選択するとページが更新されます。このとき、ボイドが処理され、UPSシステムで情報が更新されるにはしばらく時間がかかることを示すメッセージが表示されます。

注: ボイド要求が処理される間、しばらくは他のアクションを行わないでください。ボイド要求が更新されたことを確認するには、ブラウザーの最新表示機能を選択します。出荷履歴のボイドされた列にX印が表示されます。

「出荷の完了」ページから出荷をボイドすることもできます。

トップへ戻る

90日を経過した出荷をボイドするには:

過去90日以内に作成された出荷をボイドするには、UPS CampusShip® の出荷履歴をご利用ください。既に90日を経過した出荷のボイドに関しては、UPSお客様サービスセンターにお問い合わせください。

トップへ戻る