/
  • UPS is open for business: Service impacts related to Coronavirus詳細
  • Temporary Service Adjustments due to 2020 China International Import Expo in Shanghai詳細
  • Temporary Service Suspension due to Flooding in Parts of Japan詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
  • UPSサービスギャランティの一時停止について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

出荷の作成

UPS CampusShipという強力な出荷ツールをご利用いただけます。出荷処理では、アドレス帳、配送先リスト、ユーザー設定、管理者の事前設定値などで、迅速かつ効率的に荷物のラベルの生成を実行できます。柔軟性を最大限に発揮するため、ほとんどの事前設定値は、出荷画面で直接変更または上書きすることができます。

注: 一部のUPS CampusShipサービスと機能は、UPS CampusShip管理者によって割り当てられます。管理者に問い合わせるには、「管理者の検索」ボタン(使用可能な場合)を選択するか、出荷の準備ページ下にある「会社サポート」を選択します。

この文書は以下を含みます:

はじめに


アドレス帳の使用

出荷先住所フィールドの入力方法にはいくつかのオプションがあります。

  • 荷受人または配送先リスト名を入力します。 入力するに従って、入力内容に一致するリストが表示されます。
  • 個人アドレスのドロップダウンリストから、住所または配送先リストを選択してください。
  • 社内のコーポレートアドレス帳から住所または配送先リストを選択します。
  • 外部アドレス帳から住所を選択します。
  • 「新しい住所を入力」を選択して、新しい住所を入力します。

梱包、サービス、および支払い情報

梱包
「梱包資材」の選択を確認して、必要であれば変更します。 事前に梱包タイプを設定した場合は、梱包資材のドロップダウンメニューに指定済みの設定が表示されます。

出荷に含まれる荷物の数(最大20個)を、ドロップダウンメニューから選択します。 デフォルトは1に設定されています。

出荷貨物の合計重量を入力します。

  • 梱包タイプに、UPSエンベロップを選択した場合は、重量は不要です。
  • その他の梱包を選択した場合は、貨物の容積重量の合計を入力してください。

出荷に複数の荷物が含まれる場合、荷物ごとに異なる値を指定することも、すべての貨物に同じ値を使用することもできます。 すべての荷物に対して同じ値を使用するに対して、いいえを選択した場合、次のページで個々の荷物について、荷物レベルの詳細を入力できます。 出荷に含まれる荷物1個を削除するには、荷物情報の隣にある「削除」を選択します。

出荷サービスの選択を確認して、必要であれば変更します。 お客様の出荷に最適なサービスがわからない場合は、「サービス」ドロップダウンメニューの隣の「サービスオプションの比較」リンクを選択してください。 事前に出荷サービスを設定した場合は、サービスドロップダウンメニューに指定したサービスが表示されます。

リファレンスナンバーの入力
ご希望のリファレンスナンバーを入力してください。 (何らかのリファレンスナンバーが管理者により指定されている場合があります)。 管理者がデフォルトのリファレンスナンバーを事前に設定している場合は、リファレンスナンバーの値は自動的に表示され、それらを編集したり検索したりすることはできません。

支払方法
お客様の支払方法は、多くの場合、出荷場所に付随するUPSアカウントにデフォルトで設定されています。もしくは、出荷フォームにて、指定されている(例:お支払用カードまたは第三者アカウント・ナンバー)場合があります。 現在処理中の出荷に対する支払方法を修正するには、「配送料請求先」ドロップダウンメニューから選択します。

出荷の詳細を表示するためには、出荷を完了する前に、料金などの出荷明細を確認するチェックボックスを選択します。 出荷の作成を完了し、貨物の出荷ラベルを印刷するには、「次へ」を選択します。

トップへ戻る

オプション・サービス


申告価格
UPSの責任範囲は、サービス約款の該当箇所に規定されているとおりに限定されます。より高額な貨物を出荷する場合は、追加料金をお支払いいただければ、UPSの責任の範囲を引き上げることができます。UPSアカウントのお取引では貨物1つあたりの最大申告価格はUS$50,000または現地通貨相当の価格で(UPSアカウント・ナンバーが提供されているお支払い用カードのお取引を含む)、お支払い用カードのお取引では貨物1つあたりの最大申告価格がUS$5,000または現地通貨相当の価格です。申告価格を入力すると、無料補償対象額を超える場合の申告価格合計のうちUS$100または現地通貨相当の価格ごとにミニマムな料金を申し受けます。

返品サービス
UPS Return サービスを選択する場合は、「商品の説明」を入力してください。返品サービスの詳細については、「返品サービス」ヘルプを参照してください。

Quantum View Notify®
入力または選択した住所にEメールアドレスが含まれていた場合は、チェックボックスをオンにして、最大5件のEメールアドレスにQuantum View Notifyの出荷通知を送信することができます。また、選択したアドレスに、配達およびエクセプション通知を送信することもできます。そのほか、「出荷オプションの追加」を選択して、Quantum View Notify設定を変更、あるいは入力することができます。Eメールアドレスを入力し、通知タイプを選択し、Eメールメッセージを指定できます。

UPS carbon neutral
UPS carbon neutral出荷では、貨物の輸送に関連したCO2の排出を相殺するオプションをご提供します。

トップへ戻る