/
  • 台風19号の影響による一部地域におけるサービスへの影響について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

バッチファイルによる出荷


バッチファイルによる出荷のヘルプ

バッチファイルによる出荷では、.csv(カンマ区切り)形式、もしくは.ssv(セミコロン区切り)形式ファイルの利用により、最大250件の貨物を準備することができます。発送元の住所はすべての貨物で同じ必要がありますが、配達先住所は別でもかまいません。

サポートされるバッチファイルによる出荷は、支払方法がUPS荷送人アカウント(運賃発払い)か第三者で、1個口の荷物に限定されます。返送先住所とお支払方法の確認後、荷物を発送することができます。ファイルを処理する前に、プリンターの設定を確認してください。処理の完了時、正常に処理された荷物の個数が表示されます。

以下の表では、サンプルファイルを参照いただけます。

ファイル名ファイル形式作成日ダウンロード
サンプルファイル
07/11/2010


バッチファイルのインポート形式

注:インポートファイルではフィールド区切り文字としてカンマ/セミコロンが使用されます。インポート・ファイルには、オプション・フィールドにもカンマ/セミコロン区切りが必要です。列のヘッダーは含めないでください。

インポートの検証中に特定のレコードで問題が検出されると、システムはインポートできなかったレコードでエラーファイルを作成します。レポートを確認し、必要に応じて修正を加えてください。エラーが解決したら、インポート処理を再試行してください。

バッチファイルのインポート形式
バッチファイルのインポートの形式には .csv/.ssv の拡張子が使用されます。
フィールド名フィールドタイプ最大フィールド長必須有効値
連絡先氏名 英数字 35 はい (国際間の移動、またはUPS Next Day Air Earlyサービス) 荷受人の名前(エラーがあった場合は最初のフィールドの先頭に「#」を付与)
会社名または氏名 英数字 35 はい 荷受人の会社または名前
国名 英数字 2 はい 荷受人の国(有効なコードについては「国/地域別コード」テーブルを参照してください。
住所1 英数字 35 はい 荷受人の住所 1 (必須)
住所2 英数字 35 いいえ 荷受人の住所 2 (オプション)
住所3 英数字 35 いいえ 荷受人の住所 3 (オプション)
市区町村 英数字 30 はい 荷受人の都市
州/都道府県 英数字 30 条件付き 特定の宛先国では必須 有効なコードについては州/都道府県コード表をご覧ください。
郵便番号 英数字 10 条件付き 特定の宛先国では必須
電話番号 英数字 15 条件付き 国際輸送の仕向国およびUPS Next Day Air Earlyサービスで必須。
内線番号 英数字 5 いいえ 荷受人の内線番号
個人宅インジゲーター 0/1 1 いいえ 1=個人、0=商業
Eメールアドレス 英数字 50 いいえ 荷受人のEメールアドレス
梱包タイプ 英数字 2 はい 有効なコードについては梱包タイプ表をご覧ください。
関税課税価格 数字 15 条件付き 米国からカナダ、およびプエルトリコ行きの荷物では必須。 通貨は米国ドルがデフォルト設定されます。 小数点以下も使用できます。
重量 数字 5 条件付き その他の梱包 = 2の梱包タイプに必須。 レター/エンベロップの梱包タイプでは、重量の指定はオプションです。 重量などの数字フィールドではコンマを使用します(10,0)。これらの数字は二重引用符で囲む必要があります。
長さ 数字 4 いいえ 米国、プエルトリコではインチ、他の国ではセンチメートルがデフォルトです。 カナダの場合はインチかセンチメートルを選択できます。
数字 4 いいえ 米国、プエルトリコではインチ、他の国ではセンチメートルがデフォルトです。 カナダの場合はインチかセンチメートルを選択できます。
高さ 数字 4 いいえ 米国、プエルトリコではインチ、他の国ではセンチメートルがデフォルトです。 カナダの場合はインチかセンチメートルを選択できます。
測定単位 LB/KG 2 ポンド(米国/プエルトリコ)、それ以外の国はキログラムをデフォルトとします。 カナダではポンドとキログラムを選択できます。
品物の説明 英数字 35 条件付き 出荷先/依頼主の国または地域が異なる場合、必須となります。
書類のみ(無償) 0/1 1 いいえ 貨物に関税品目が含まれていないことを示します。
GNIFC(無料配布できない品物) 0/1 1 条件付き 品物が関税対象の場合、EU内での移動時には必須です。
申告価格 数字 7 いいえ 入力する場合、1,000米国ドルまたは現地通貨の相当額より少ない必要があります。 単位は貨物の発地国の通貨がデフォルトに指定されます。 荷物の損失または破損に対するUPSの責任。 少数点は使用できません。
サービス 数字 2 はい 有効な値についてはサービスの表をご覧ください。
配達確認 英数字 1 いいえ 有効な値については配達確認の表をご覧ください。
荷送人リリース/署名なしの配達 0/1 1 いいえ 荷送人は初回の配達訪問時に署名なしで荷物をリリースするよう指定できます。 荷物のリリース後に発生した破損について、UPSは荷送人または第三者に対し、一切の責任を負いません。 (米国以外ではサポートされていません)
書類の返却 0/1 1 いいえ ポーランド国内の貨物でのみ使用されます。
土曜配達 0/1 1 いいえ 一部のサービスでのみ利用可能。 詳しい情報については、サービスガイドをご覧ください。
UPS Carbon Neutral 0/1 1 いいえ 貨物の気候への影響を相殺するオプションを依頼します。
ラージパッケージ 0/1 1 いいえ 長さと胴回り[(2 x 幅) + (2 x 高さ)] の合計が 118 インチ以上で、157インチを超えないものに適用。 追加料金が適用されます。 (米国以外では、ラージパッケージの制限は400cmです。)
追加取扱 0/1 4 いいえ 米国の場合: 品物が金属か木製の通常の配送コンテナー以外で梱包されていて、70ポンドか32キロを超え、また最長辺の長さが150cmを超える場合に適用されます。 詳しい情報については、サービスガイドをご覧ください。 米国以外の場合: 重量が32キロを超える、または最長辺の長さが150cmを超える場合、追加手数料が自動的に追加されます。
リファレンス1 英数字 35 いいえ 荷物についての情報を記録するために使用されます。
リファレンス2 英数字 35 いいえ 荷物についての情報を記録するために使用されます。
リファレンス3 英数字 35 いいえ UPS CampusShipの荷物レベルの荷物でのみ使用(米国、プエルトリコ、カナダ)。
Eメール通知1 - 住所 英数字 50 いいえ 指定した通知を受け取るEメールアドレス(出荷、エクセプション、または配達)。
Eメール通知1 - 出荷 0/1 1 いいえ 荷物が発送されると送信されるEメール通知。
Eメール通知1 - エクセプション 0/1 1 いいえ 荷物の配達にエクセプションが生じると送信されるEメール通知。
Eメール通知1 - 配達 0/1 1 いいえ 荷物が配達されると送信されるEメール通知。
Eメール通知2 - 住所 英数字 50 いいえ 指定した通知を受け取るEメールアドレス(出荷、エクセプション、または配達)。
Eメール通知2 - 出荷 0/1 1 いいえ 荷物が発送されると送信されるEメール通知。
Eメール通知2 - エクセプション 0/1 1 いいえ 荷物の配達にエクセプションが生じると送信されるEメール通知。
Eメール通知2 - 配達 0/1 1 いいえ 荷物が配達されると送信されるEメール通知。
Eメール通知3 - 住所 英数字 50 いいえ 指定した通知を受け取るEメールアドレス(出荷、エクセプション、または配達)。
Eメール通知3 - 出荷 0/1 1 いいえ 荷物が発送されると送信されるEメール通知。
Eメール通知3 - エクセプション 0/1 1 いいえ 荷物の配達にエクセプションが生じると送信されるEメール通知。
Eメール通知3 - 配達 0/1 1 いいえ 荷物が配達されると送信されるEメール通知。
Eメール通知4 - 住所 英数字 50 いいえ 指定した通知を受け取るEメールアドレス(出荷、エクセプション、または配達)。
Eメール通知4 - 出荷 0/1 1 いいえ 荷物が発送されると送信されるEメール通知。
Eメール通知4 - エクセプション 0/1 1 いいえ 荷物の配達にエクセプションが生じると送信されるEメール通知。
Eメール通知4 - 配達 0/1 1 いいえ 荷物が配達されると送信されるEメール通知。
Eメール通知5 - 住所 英数字 50 いいえ 指定した通知を受け取るEメールアドレス(出荷、エクセプション、または配達)。
Eメール通知5 - 出荷 0/1 1 いいえ 荷物が発送されると送信されるEメール通知。
Eメール通知5 - エクセプション 0/1 1 いいえ 荷物の配達にエクセプションが生じると送信されるEメール通知。
Eメール通知5 - 配達 0/1 1 いいえ 荷物が配達されると送信されるEメール通知。
Eメールメッセージ 英数字 150 いいえ Eメール通知に指定する追加メッセージまたは特殊な手順。
Eメールエラーアドレス 英数字 50 いいえ Eメール受信者へのEメール通知の送信に失敗した場合、通知を受け取るEメールアドレス。


バッチファイルのインポート処理フォーマットに「梱包タイプ」というフィールドが含まれます。このフィールドに使用できるコードは次のとおりです:

荷物タイプコード
1=UPSレター/エンベロップ
4=UPSパック
3=UPSチューブ
S=UPS Express ボックス(小)
M=UPS Express ボックス(中)
L=UPS Express ボックス(大)
21=UPSボックス
25=UPS 10 kg ボックス
24=UPS 25 kg ボックス
2=その他の梱包
30=パレット(ポーランド内でのみ有効)

バッチファイルのインポート処理フォーマットに「サービス」というフィールドが含まれます。このフィールドに使用できる2桁のコードは次のとおりです:

サービスタイプコード
14=UPS Next Day Air Early A.M. (米国/プエルトリコ) 54=UPS Express Plus
01=UPS Next Day Air (米国/プエルトリコ) 07=UPS Express
13=UPS Next Day Air Saver (米国/プエルトリコ) 08=UPS Expedited
59=UPS 2nd Day Air A.M. (米国/プエルトリコ) 11=UPS Standard
02=UPS 2nd Day Air (米国/プエルトリコ) 65=UPS Express Saver
12=UPS 3 Day Select
03=UPS Ground Service (米国/プエルトリコ)
82=UPS Today Standard (ポーランド内)
83=UPS Dedicated Courier (ポーランド内)
85=UPS Today Express (ポーランド内)
86=UPS Today Express Saver(ポーランド内)

バッチファイルのインポート処理フォーマットに「配達確認」というフィールドが含まれます。 配達確認が不要の場合はフィールドを空欄のままに、それ以外の場合は有効なコードを入力してください。 このフィールドに使用できるコードは次のとおりです:

配達確認コード
S=署名が必要
N=署名なしの配達確認
A=成年の署名が必要
V=口頭での確認

UPSに問い合わせ

UPS CampusShipについてのご質問は、CampusShip管理者までお問い合わせください。UPS CampusShipのテクニカルサポートについては、以下のリンクを選択してください。

UPS CampusShipテクニカルサポート