/
  • Service Adjustments related to Coronavirus詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
  • Service disruptions due to the conflict in Ukraine詳細
メインコンテンツに飛ぶ

アドレス帳のインポート

住所をインポートする方法

管理者は、個々の住所を1件ごと入力する代わりに、既存のアドレス帳に追加するファイルをインポートするか、または既存の住所のリストを上書きすることができます。

注: インポート機能を使用するには、管理者権限が必要です。

  1. 各自の設定」タブを選択して、社内アドレス帳または MY UPS アドレス帳の下にある「住所のインポート」に進みます。表示されたページで、住所エントリーのファイルをインポートすることができます。これらの住所を既存のファイルに追加するか、または既存のユーザー・グループに上書きすることができます。
  2. ファイルをインポートするには、ファイル・パスと名前を入力するか、または「参照」を使用してファイルを探します。ファイルの位置を確認したら、「開く」を選択して「インポートするファイル」テキスト・ボックスにフィールドを取り込みます。
    注: インポート・ファイルには、.csv 拡張子が必要です。
  3. ファイルの場所を設定したら、インポートされたファイルに対するアクションを選択します。

    - アドレス帳インポート・ファイルを既存のアドレス帳に追加するには、「インポートされたアドレス帳を現行リストに追加する」を選択します。
    - 既存のユーザー情報を上書きするには、「現行リストをインポートされたアドレス帳で上書きする」を選択します。
  4. 処理を開始するには、「インポート」を選択します。終了するには、「取消」を選択します。

次のステップ

アドレス帳をインポートするために必要な情報が記載されています。

インポート・ファイル・フォーマット: アドレス帳