/
  • UPS is open for business: Service impacts related to Coronavirus詳細
  • Temporary Service Adjustments due to 2020 China International Import Expo in Shanghai詳細
  • Temporary Service Suspension due to Flooding in Parts of Japan詳細
  • Customs regulations and requirements for import or export of medical supplies and equipment詳細
  • UPSサービスギャランティの一時停止について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

アドレス帳

保存された住所の自動検索

UPS CampusShipなら、自動化されたオンライン出荷機能を、お客様のデスクからご利用になれます。 UPS CampusShipには時間の節約になる数々の機能が備わっていますが、中でもこのウェブベース・システムのアドレス帳をご利用になれば、住所を保存および検索して、発送伝票などに自動的に記入することができます。

貴社でコーポレート・アドレス帳をお使いの場合にはそのアドレス帳から、あるいはMicrosoft® Outlook®アドレス帳を検索して、選択してください。 個人用には最大2,000件の連絡先を個人用アドレス帳に作成することができます。 出荷の際に個人用アドレス帳に住所を保存するか、それに住所をインポートすることができます。

新規住所の入力方法

UPS CampusShipでは、個人用アドレス帳に最大2,000件の住所を作成して保存することができます。 貴社で「コーポレート・アドレス帳」をお使いで、お客様の特権設定にこの機能が含まれていれば、出荷時にこれらの住所にアクセスすることもできます。

My設定へ行き、アドレス帳へ保存する新規住所を作成します。 

外部アドレス帳プラグインのインストール方法

外部アドレス帳から住所を選択できるようにするには、外部アドレス帳プラグインを出荷ページからダウンロードし、インストールする必要があります。

  1. ログインします。
  2. 出荷の開始の「外部アドレス帳」リンクを選択します。
  3. 「次へ」を選択しインストールを行い、「終了」します。


注:
外部アドレス帳プラグインをインストールするには、Windows® XP, Windows Vista®とWindows® 7 OS(オペレーティング・システム)の管理者権限が必要です。

外部アドレス帳プラグインをインストールした後に、Outlook®アドレス帳が使えるようになり、この情報が自動的に出荷画面に表示されるようになります。

  1. ログインします。
  2. 「出荷の開始」で「外部アドレス帳」リンクを選択します。
  3. 名前を入力、もしくはリストから選択し、OKをクリックします。
  4. 出荷を完了します。