• 2018年平昌冬季オリンピックおよびパラリンピック詳細
/
メインコンテンツに飛ぶ
検索

台湾輸入貨物の de minimis(非課税基準額)上限引き下げについて

  • 台湾向け 輸入貨物のde minimis(非課税基準額)のレベルが、1日あたり1件の出荷につき、これまでの3,000台湾ドルから2,000台湾ドル以下に引き下げられました。

2017年12月29日(金)更新--2018年1月1日より、台湾向け輸入貨物のde minimis(非課税基準額)のレベルが、1日あたり1件の出荷につき、これまでの3,000台湾ドル(99米ドル*)から2,000台湾ドル(66米ドル)以下に引き下げられました。

De minimis(非課税基準額)とは、条件を満たした品目**に対し、正式通関を必要とせず、関税・消費税が課税されない上限金額です。つまり、2,000台湾ドル超の台湾向け輸入貨物の大半が通関の対象となり、輸入関税および消費税が課税されます。

今回の新たな変更についての詳細は、担当営業またはお客様サービスセンター(0120-27-1040)までお問い合わせください。 點選此處 link to the url

* 米ドルへの換算金額は概算であり、為替レートの変動により変更されます。
** 特定の品目は、価格に関係なく通関手続きが必要となります。