/
  • Temporary Service Arrangement due to Typhoon Kammuri (Tisoy) in the Philippines詳細
  • Temporary Service Adjustment due to SEA Games in the Philippines詳細
  • 韓国の労働組合のストライキによるサービスへの影響について詳細
メインコンテンツに飛ぶ

フィリピンにおける放棄品規制の実施につて

フィリピン税関局は2019年1月に税関近代化・関税法を施行し、無申告の貨物が放棄品とみなされる期間を、30日から7日に変更しました。放棄品となるのを防ぐために、フィリピンへのすべての輸入貨物は、到着後7日以内に通関する必要があります。

通関手続きをスムーズに行うために、以下を順守いただくようご留意ください:

  1. 荷送人は荷受人の名前と住所を正確に記す
  2. 荷送人は貨物情報がシッピングインボイスからInward Cargo Manifest(ICM; 輸入積荷目録)まで一貫していることを確認する
  3. 荷受人は輸入通関の際に、以下の関連書類を提出する
    - Import Permit(輸入許可書)
    - 税関局によるBusiness Registration(事業登記)またはCertificate of Registration(登録証明書)
  4. 荷受人は7日の通知期間内に関税と税金の支払を済ませる

詳細については、UPSの営業担当者もしくはお客様サービスセンターにお問い合わせください。