メインコンテンツに飛ぶ

最近増えている不正な電子メールの送信例

不正な電子メールにはさまざまな書式が使われます。このようなメールはUPSとは全く関係のない、第三者による違法行為です。これらの「フィッシング」または「スプーフィング」とみなされる電子メールメッセージはより一般化し、企業商標やブランドカラー、その他の法的なただし書きなどを使い、あたかも合法的なメッセージのように見せかけている場合があります。

多くの不正な電子メールや進化したなりすましメールが報告されています(実際にあった下記の例を参照)。 これらのタイプの電子メールは、カーソルを合わせると表示される間違ったハイパーリンクに移動させようとします。このようなリンクには、コンピューターに悪影響をおよぼすマルウェアなどが含まれている場合があります。

これらは正当なUPSからのコミュニケーションではありません。万が一、こうした不正な電子メールを受け取られた場合は、メールに含まれているウェブリンクや添付ファイルは決してクリックせず、すぐにメール自体を削除いただくようお願い申し上げます。間違ってこのようなリンクを選択してしまった場合は、ただちにウィルススキャンを実行してください。

不正Eメールのサンプルを表示リンクを新しいウィンドウで開く

UPSではお客様からご要望がない限り、お支払い情報、個人情報、財務情報、アカウントナンバー、ID、パスワード、インボイスのコピーなどを、電子メールや郵便、電話、Faxなどで、または特に商品の輸送やサービスと引き換えに、おたずねすることはありません。UPSでは不正行為が原因で生じた損害について一切の責任を負いかねます。

不正行為と戦う

UPS連絡先

皆様の声をお聞かせください。

UPSになりすました不正なEメールを受け取ったと思われる場合、そのメールをfraud@ups.comに転送し、お客様のメールから削除してください。

不正行為についてUPSに連絡