メインコンテンツに飛ぶ

UPSのリチウム電池(セクションII)に関する要件変更

2017年1月1日付けで、UPSは空輸によるリチウムバッテリーの輸送に対する要件を変更します。 これらの変更は、社員の安全を確保する一方で、同時にお客様のニーズを満たすことができるようにする継続的な努力を支援します。

この変更では、すべての米国内および国際の航空便で、UPSエアサービスにより機器に装着しないで出荷されるリチウムイオンまたはリチウムメタルセルとバッテリーは完全な規制対象の危険品として準備し出荷することが要求されます。 2017年1月1日より、UPSは次のものを軽減された規制の下で航空便を輸送しないものとします。

  • IATA梱包手順965 (イオン、UN3480)および 968(メタル、UN3090)のSection II
  • 49 CFR 173.185(c

荷送人は機器に装着しないでリチウムイオンまたはリチウムメタルバッテリーを航空便で出荷する前に、UPS危険品サービス契約を締結する必要があります。 この条件は、UPS® Groundシップメントには適用されません。 これらの変更には、追加のサービス料金が適用される場合があります。
 
これらの変更が適用するサービスのリストは、以下のとおりです。

UPS Next Day Air®、UPS 2nd Day Air®、UPS 3 Day Select®、UPS Express Critical®、UPS Worldwide Express Plus®、UPS Worldwide Express®、UPS Worldwide Express Freight®、UPS Worldwide Saver®、UPS Worldwide Expedited®、UPS Express® Freight、UPS Air Freight Direct®、UPS Air Freight Consolidated®、UPS Next Day Air® FreightおよびUPS 2nd Day Air® Freight、同様にUPS Groundを使用したアラスカ、ハワイ、およびプエルトリコへのサービス。

UPSでの危険品の出荷についての質問は、お客様のUPSセールス担当者に直接お問い合わせください。

  • UPS について
  • UPSのリチウム電池(セクションII)に関する要件変更

関連リンク

UPSは一部の国発着でDangerous Goods(危険品)を輸送します。

Dangerous Goods(危険品)サービス対象エリアリンクを新しいウィンドウで開く