メインコンテンツに飛ぶ

米国輸入貨物の de minimis(非課税基準額)上限引き上げについて

お知らせ


2016年3月10日(木)更新

米国向け輸入貨物のde minimis(非課税基準額)のレベルが、1件の出荷につき、これまでの$200から$800未満に引き上げられました。

de minimis(非課税基準額)とは、条件を満たした品目に対し*、正式通関を必要とせず、関税・消費税が課税されない上限金額です。つまり、$800未満の米国向け輸入貨物の大半は輸入関税が免除されることになります。

貿易の促進や、コストの削減、迅速な商品の配達を実現する非常に重要な施策です。特にアジアの輸出者にとっては、今回の変更によりペーパーワークが削減されることで、迅速な通関、米国への輸送時間短縮が可能になり、大きなメリットがあります。

今回の新たな変更についての詳細は、担当営業またはお客様サービスセンター(0120-27-1040)までお問い合わせください。

* 米国政府より規制されている特定の品目は、価格に関係なく通関手続きが必要となり、新たな de minimis レベルの影響は受けません。