/
  • コロナウイルスに関連するサービスの調整について詳細
  • 米国での熱帯低気圧「アイダ」によるサービスへの影響について詳細
  • 医療用品および医療機器の輸入または輸出についての税関の規制および要件詳細
メインコンテンツに飛ぶ

グローバル出荷・物流サービス

ニュースとお知らせ

  • 運送料金の改定について

    12月26日に、UPSではこれまでに実施されたなかで最も競争力のある運送料金の改定がおこなわれます。UPSがお客様の2022年のビジネス計画と成長戦略をサポートいたします。数か月後にはダウンロード可能な、新しいサービスガイドをぜひご覧ください。

    運送料金改定の詳細はこちら
  • 中国本土でのサービス強化について

    2021年9月1日より、UPSは中国本土のネットワークの強化を実施しました。次の9地域のお客様は、UPSの質の高いサービスをご利用いただけます:内モンゴル自治区、甘粛省、新疆ウイグル自治区、青海省、寧夏回族自治区、陝西省、河南省、山西省、および河北省

    中国本土でのサービス強化の詳細についてはこちら
  • インドネシアのすべての輸出入者に対する納税者登録番号の申告義務化について

    2021年8月1日より、インドネシア財務省規則No.158/PMK.04/2017および財務省関税総局規則No.PER11/BC/2020に基づき、すべてのインドネシアの輸出入者は、輸出入貨物ごとに納税者登録番号 (NPWP) の申告が義務付けられます。

    登録事業者による輸出入の際に、コマーシャル・インボイスに当該事業者のNPWPの記載が必要です。

    個人による輸出入の際に、コマーシャル・
    インボイスに、NPWP、NIK KTP、パスポート番号のいずれかの記載が必要です。

    納税者登録番号の記載は必須要件であり、情報の記載漏れがあった場合は、貨物の遅延につながる可能性があります。 

    規制の変更に伴う通関手続き遅延の可能性を軽減するために、UPSは、お客様の納税者番号、およびその他登録番号を事前に収集し、UPSアカウントまたは貨物との照合に使用させていただきたく存じます。つきましては、お客様情報をこちら(UPS米国のベンダーQualtricsのサイト) よりご提供いただきますようお願い致します

    尚、お客様情報はこれらの規制に準拠する目的でのみ使用されます。尚、お客様情報はこれらの規制に準拠する目的でのみ使用されます。お客様の個人情報の取り扱いについては、Privacy Noticeをご参照ください。

    納税者登録番号の義務化の規制についてはこちら(インドネシア語のみ)
  • 日本とアジア太平洋および欧州の主要市場間に
    新規フライトを増便

    2021年7月19日より、UPSは関西国際空港発着のフライトを増便し、アジア太平洋、ヨーロッパ、インド亜大陸、中東、およびアフリカの主要市場との輸送所要時間を1日短縮しました。

    東海・近畿・中国地一部地域において、緊急の輸入貨物のより早い配達が可能となり、また輸出貨物の集荷締切時間は終業時間まで延長されます。お客様は、取引先や顧客の要望への迅速な対応と生産・受注の拡大が可能になります。 

    特定の発着地間における貨物の配達所要時間の詳細はこちら
  • UPS Hong Kong は、着払い(COD)および元払い(COP)荷物の支払いオプションを拡充

    2021年7月1日から、香港(中国特別行政区)のお客様は、CODおよびCOP荷物について、モバイルデバイスを使用し、シームレスにその場で支払を行えるようになります。荷物のQRコードを配達時にスキャンし、安全かつ迅速、簡単に支払を行えます。支払いオプションには、轉數快(FPS)およびAlipay*、Octopusが含まれます。

    *COD荷物についてのみご利用いただけます

    UPSの支払オプションの詳細についてはこちらをご覧ください
  • ピークサーチャージに関するお知らせ

    2021年7月4日より、一部ピークサーチャージが改定されます。最新のピークサーチャージの情報をご確認ください。

    ピークサーチャージに関する詳細はこちら
  • 米国向け貨物の配達サービス調整について(2021年6月22日 - 2021年6月25日)

    UPSは2021年6月22日から2021年6月25日に米国で配達予定の貨物につき調整を行っています。この期間中は、UPS Next Day Air ® Early、UPS Next Day Air ®、UPS Worldwide Express Plus ®、およびUPS Worldwide Express ®サービスの米国内での時間指定配達が90分延長されます。

    お客様の出荷状況についての最新情報はこちら
  • UPSサービスガイドに関するお知らせ(2021年7月11日更新版)

    2021年7月11日より一部改定となるUPSサービスガイド(UPS Rate and Service Guide)につきましてご案内申し上げます。UPSサービスガイドの最新版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。

    最新のUPSサービスガイドのダウンロードはこちら
  • フィリピン発非書類貨物の輸出申告について

    フィリピン関税局の関税行政令第4項に従い、フィリピンより輸出されるすべての非書類貨物について、申告価格にかかわらず 輸出申告書(ED)が必要となります。本日より、UPSではフィリピン経済区庁(PEZA)および非PEZA所在地の両方の荷送人からの輸出貨物について、次の書類のコピー3部が必要となります。コマーシャルインボイス、 パッキングリスト、および輸出申告書(ED)。
    この要件は、料金支払済みの返品サービスラベルが貼付された、荷送人に返送される荷物にも適用されます。荷送人は、出荷貨物について、Customs E2Mを通じてオンラインで、またはマニュアルで輸出申告の手続きが可能です。貨物の集荷時には、これらの書類を必ずご用意いただきますようお願いいたします。また荷送人は、UPSカスタマーサービスに集荷ご依頼の際に、料金をお支払いただき、UPSへED処理のご依頼いただくことも可能です。この場合、当社ドライバーが、集荷の際にご記入いただくマニュアル用のフォームをご用意いたします。

    関税行政令の詳細はこちら
  • 香港(中国特別行政区)政府民間航空局のセキュリティ対策改訂も、UPSサービスには変更なし

    2021年3月1日から、香港(中国特別行政区)政府民間航空局(CAD)は、国際民間航空機関(ICAO)の要件に鑑み、セキュリティ対策を改訂しています。この改訂された対策では、荷送人はCADの承認を受けるか、民間航空機への積み込み前に貨物を100%、セキュリティスクリーニングに通す必要があります。

    UPSは、CADの特定航空貨物利用運送事業者セキュリティプログラムにおける特定航空貨物利用運送事業者(RA)として認められているため、お客様の出荷と輸送時間には、今回の改定された対策による影響はありません。

    改訂されたセキュリティ対策の詳細について読む
  • 電子タバコに関するポリシーの最新情報

    2021年4月5日から、UPSは米国ネットワーク全体の電子タバコ製品の出荷を禁止します。UPSは、米国のネットワーク全体(輸出入を含む)での電子タバコ製品の出荷を禁止しています。禁止される電子タバコ製品には、ニコチンが含まれるかどうかにかかわらず、ニコチンとともに使用可能、またはニコチンの消費のために使用される、すべての不燃性の液体またはジェルが含まれています。関連するすべての電子タバコ装置、製品、および付属品はこの禁止項目に含まれます。

    最新のポリシーの詳細について読む
  • 米国・ヨーロッパ発、香港(中国特別行政区)向け、UPSワールドワイド・エクスプレス サービスの強化について

    2021年2月22日から、米国とヨーロッパから香港(中国特別行政区)へのUPS Worldwide Express®サービスでの出荷が、香港島および周辺諸島、九竜、新界の197か所の取扱店でご利用いただけます。

    このサービス強化により、より広範囲におけるサービス地域にて市場に迅速にアクセスし、より多くのビジネスチャンスを獲得するることが可能になります。また、一部の地域では配達所要時間が最大2時間短縮されるので、顧客向けの商品の整理と再配送の時間が増えます。

    特定の発着地間における貨物の配達所要時間の詳細はこちら
  • 通関についてのアラート:綿およびトマト製品についての違反商品保留命令

    米国税関・国境取締局(CBP:U.S. Customs and Border Protection)は、強制労働の状況を示す情報に基づいて、中国の新疆ウイグル自治区(XUAR:Xinjiang Uyghur Autonomous Region)で生産された綿花およびトマト製品の米国への輸入について、違反商品保留命令(WRO:WithholdRelease Order)を発令しました。 

    違反商品保留命令の詳細について
  • 韓国着B2C輸入貨物にはPCCCが必須となります

    2020年12月1日より、韓国関税庁は、韓国着のB2C(企業対消費者間取引)の簡易通関対象貨物において、荷受人のPCCC(Personal Customs Clearance Code;個人通関コード)のみを許可することとしました。荷受人の生年月日を提出することはできません。外国人の荷受人は、PCCCの代わりに、国番号または外国人登録番号を含むパスポート番号を使用できます。

    PCCCの提出必須化の詳細を読む
  • 2021​​​​年運送料金および
    サービス改訂のお知らせ

    日本発輸出貨物ならびに日本着払いの輸入貨物の運送料金が、2020年12月27日より改定されます。運送料金ほか各種料金につきましては、最新のUPSサービスガイドのプレビューをご確認ください。プレビューは今すぐ​​​​ダウンロードいただけます。
    運送料金・サービス改定についてはこちら
  • 香港で製造された物品の米国向け輸出貨物のマーキングについて

    2020年11月9日から、香港(中国特別行政区)で製造され米国に輸出される物品には、梱包に貼付されていた、原産地を示すマークは、これまでの「香港」のかわりに、「中国」と示す必要があります。コマーシャル・インボイスで、荷送人は、香港(中国特別行政区)から輸出される物品に今後も香港の関税がかかる場合、原産国を「香港」としてください。

    通関での罰則や遅延が生じないよう、荷送人は必ず、新たなラベルの要件を遵守することが不可欠となります。

    香港(中国特別行政区)から米国に輸出される物品のラベルについての詳細を読む
  • 中国-欧州間の混載(LCL)鉄道輸送サービス強化について

    中国から欧州への混載(LCL)鉄道輸送サービスに、新しいオプションが追加されます。中国発の自社混載となるこのサービスは、中国の30以上の都市と欧州の10か国でご利用可能な、サプライチェーンの最適化に役立つ高い信頼性とコスト削減に有効なソリューションとしてご活用いただけます。なお、貨物の受付けは中国発のみとなります。

    中国-欧州間自社混載(LCL)鉄道輸送サービスについての詳細はこちら
  • 別の住所へUPS My Choiceで配達

    UPS My Choiceで、荷受人は国外からの荷物を、荷物の送り先の市内の別の住所に転送できるようになりました。この新たな機能を使えば、荷受人はいつどこで荷物を受け取るかを今まで以上に管理できるようになり、不在で荷物を受け取ることができないということがなくなります。

    注: 別の住所への配達は、香港ですでに使用されている機能です。

    UPS My Choiceについてさらに詳しく
  • みなし重量での請求

    みなし重量での請求により、お客様は出荷を低価格で行うことができます。みなし重量での請求の詳細については、最新のUPSの料金とサービスガイドをご参照ください。

    みなし重量での請求の詳細について読む
  • UPSサービスギャランティの一時停止について

    2020年3月26日より当面の間、すべての発地から仕向地への貨物に対して、UPSサービスギャランティが一時的に停止されます。 

    詳細について
  • フューエル・サーチャージ指標の変更

    2020年3月2日より、UPSはコストへの整合性を高め、お客様への高い基準のサービスを維持できるよう、すべての燃料価格について、フューエル・サーチャージ指標を1%引き上げます。フューエル・サーチャージ指標は、2020年3月2日からフューエル・サーチャージ(燃油特別付加運賃)のページよりご確認いただけます。

    フューエル・サーチャージ(燃油特別付加運賃)についてさらに読む
  • インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限引き下げと関税合理化について

    インドネシアの財務省規制199/PMK.010/2019に従い、2020年1月30日から、インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限が1出荷につき75米ドルから3米ドルに引き下げられます。 

    新たな規制についての詳細
  • 中国の通関手続きにおける新しい2段階申告について

    中華人民共和国海関総署(General Administration of Customs of the People’s Republic of China: GACC)は、中国本土向け貨物のすべての一般通関(エントリーカテゴリ「D」を含む)に対して、2段階の税関申告プロセスを実施し、統合されたプロセスで通関手続きを合理化するイニシアチブを開始しました。

    新しい2段階申告についてさらに読む
  • 2020年のIATA危険物規則書の更新について

    2020年1月1日​​より​​、2003年6月30日以後に製造された乾電池、バッテリーとバッテリー機器について、すべての製造業者および販売業者は、国連試験および基準マニュアルに指定されているテストサマリーを用意する必要があります。

    最新のIATA規則に関する詳細はこちら
  • ベトナムの税関申告プロセスの変更

    ベトナム税関総局(GDC)は、税関申告プロセスを改訂しました。2019年10月15日​​​​より​施行された新しいプロセスでは、低価格貨物と高価格貨物の両方の税関申告に付加価値税(VAT)コードが必要になります。また、低価格貨物の出荷にも、申告内容の詳細(invoice line declaration)が必要です。 

    ベトナムの税関申告プロセスの変更についてさらに読む
  • ニュージーランドへの低価格商品の輸入に関するGSTおよび輸入書類の変更について

    ニュージーランド政府は物品・サービス税(GST)に関する法律を改定しました。​2019年12月1日より、特定の非居住者業者は、ニュージーランドの消費者向けに輸入される低価格商品の販売に15%のGSTを適用する必要があります。さらに、2019年12月1日より輸入書類に関しても変更があります。 

    ニュージーランドの物品・サービス税(GST)法についてさらに読む
  • ブレグジット(英EU離脱)についての最新情報

    英国のEU離脱交渉が続くなか、UPSはあらゆるレベルの政府機関や企業と協力し、状況の変化に迅速に対応できるよう準備しています。

    ブレグジットの最新情報はこちら
  • 中国本土・上海で、ヨーロッパならびにアジア太平洋地域発の輸送サービスを強化

    ヨーロッパならびにアジア太平洋地域から中国本土・上海の主要地域向けに、UPSワールドワイド・エクスプレス・セイバー」、「UPSワールドワイド・エクスぺダイテッド」サービスを利用した際の配達所要時間が1営業日短縮されます。

    さらに読む
  • 神奈川県の一部地域で輸送サービスを強化

    神奈川県相模原市中央区向けの輸入貨物は、従来より1営業日早く同地域に配達されます。

    さらに読む
  • 米国向け航空貨物事前検査プログラムについて

    航空貨物事前審査(ACAS)プログラムの本格的な運用が2019年6月12日より開始され、すべての航空会社は米国向け貨物の出荷前に航空貨物情報を提出することが義務付けらています。

    さらに読む
  • オーストラリアにおけるたばこ製品規制の改定について

    2018年11月、オーストラリア政府は、1901年関税法(Customs Act 1901)第69条を改定し、たばこを含む製品を個人または商用目的でオーストラリアに輸入する際に、すべての輸入者が一定の条件を順守することを義務付けました。このは2019年7月1日に施行される予定です。

    さらに読む
  • 韓国向けB2C貨物には個人通関固有コード(CCIC)が必須となります

    2019年6月3日より、韓国向けのすべてのB2C(企業対消費者間取引)の簡易通関対象貨物には、CCIC(Customs Clearance Indigenous Code; 個人通関固有コード)が必要となりました。

    さらに読む
  • 輸出入サービス強化のお知らせ

    東京都および愛知県の一部都市において輸出入サービスを強化しました。

    さらに読む
  • フィリピンにおける放棄品規制の実施について

    フィリピン関税局は2019年1月に税関近代化・関税法(Customs Modernization and Tariff Act; CMTA)を施行し、無申告の貨物が放棄品とみなされる期間を30日から7日に変更しました。

    さらに読む
  • 中国本土・東部から日本への配達所要時間が短縮

    中国本土・東部から日本へのUPS Worldwide Expeditedサービスの配達所要時間が1営業日短縮されました。 

    さらに読む
  • 韓国の1,285の郵便番号対象地域でサービスを拡大

    UPSは、2019年4月1日より韓国のソウル、京畿道の1,285の新たな郵便番号対象地域でサービスを強化しました。同地域のあらゆる規模や業種のビジネスに、より良いサービスをご提供します。

    さらに読む
  • フューエル・サーチャージ指標と追加料金に関するお知らせ

    2019年5月6日(月)より、フューエル・サーチャージ指標を改定いたします。またラージパッケージ・サーチャージおよび超過料金の対象となる貨物サイズを変更いたします。

    さらに読む
  • 埼玉県向け輸入貨物配達のUPSサービス強化

    埼玉県三郷市、八潮市、越谷市向け輸入貨物の輸送時間が1日短縮されます。

    さらに読む
  • シンガポールで「UPSワールドワイド・エクスプレス」サービスを拡大し、対象地域に51,000以上の郵便番号を追加

    UPSはシンガポールで、12:00pmまたは2:00pmまでの配達を保証するUPS Worldwide Express®サービスを拡大し、51,034件の郵便番号を新たに追加しました。

    さらに読む
  • CPTPPがまず6か国で発効

    2018年12月30日に、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)が、オーストラリア、カナダ、日本、メキシコ、ニュージーランド、シンガポールの加盟6か国について発効しました。

    さらに読む
  • マレーシアにおける売上税・サービス税(SST)

    マレーシアで、既存の物品・サービス税(GST)に代わり、売上税・サービス税(SST)が導入されました。

    さらに読む
  • インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限引き下げについて

    インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限額が、1荷受人、貨物1件1日あたり100米ドルから75米ドルに引き下げられました。

    さらに読む
  • 中国本土の輸出入貨物に対する通関規制

    中国本土・海関総署(General Administration of Customs of the People’s Republic of China: GACC)は、中国本土の輸出入貨物に対する一般および簡易通関の要件を強化しました。

    さらに読む
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink