/
  • コロナウイルスに関連するサービスの調整について詳細
  • 日本の豪雪による一時サービス停止地域のサービス再開について詳細
  • 大雨の影響による日本の一部地域における一時的なサービスの停止について詳細
  • 医療用品および医療機器の輸入または輸出についての税関の規制および要件詳細
メインコンテンツに飛ぶ

グローバル出荷・物流サービス

ニュースとお知らせ

ニュースをさらに表示
  • UPS Brokerage Customer Alert: WRO for Cotton and Tomato Products

    U.S. Customs and Border Protection (CBP) issued a Withhold Release Order (WRO) for imports into the United States of cotton and tomato products produced in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region (“XUAR”) of China based on information that indicates situations of forced labor. 

    Read more on the Withhold Release Order
  • 2021​​​​年運送料金および
    サービス改訂のお知らせ

    日本発輸出貨物ならびに日本着払いの輸入貨物の運送料金が、2020年12月27日より改定されます。運送料金ほか各種料金につきましては、最新のUPSサービスガイドのプレビューをご確認ください。プレビューは今すぐ​​​​ダウンロードいただけます。
    運送料金・サービス改定についてはこちら
  • 香港で製造された物品の米国向け輸出貨物のマーキングについて

    2020年11月9日から、香港(中国特別行政区)で製造され米国に輸出される物品には、梱包に貼付されていた、原産地を示すマークは、これまでの「香港」のかわりに、「中国」と示す必要があります。コマーシャル・インボイスで、荷送人は、香港(中国特別行政区)から輸出される物品に今後も香港の関税がかかる場合、原産国を「香港」としてください。

    通関での罰則や遅延が生じないよう、荷送人は必ず、新たなラベルの要件を遵守することが不可欠となります。

    香港(中国特別行政区)から米国に輸出される物品のラベルについての詳細を読む
  • ピークサーチャージに関するお知らせ

    2020年11月8日より、一部ピークサーチャージが改定されます。最新のピークサーチャージの情報をご確認ください。

    ピークサーチャージに関する詳細はこちら
  • UPSサプライチェーン
    ソリューションがベトナムへのコミットメントを強化

    UPSサプライチェーン ソリューション(UPS Supply ChainSolutions:UPS SCS)はベトナムの現地法人を完全子会社化し、業務とサービス基準の管理を強化して、ベトナムの将来に向けて投資します。これにより、ベトナムのお客様はUPSの航空貨物ネットワークにこれまで以上に直接的にアクセスできるようになり、14,000以上の発地や仕向地、整備された出荷インフラストラクチャとつながり、あらゆるサイズの貨物においてに2,300以上の輸送レーンでサービスをご利用いただけるようになります。

    UPS SCSがベトナムへのコミットメントを強化 についてさらに読む
  • ベトナムにおけるサービス強化について

    ベトナム向けサービスを迅速化し、時間指定配達が可能なエクスプレスサービスの提供地域を拡大し、集荷の締切時間も改善しました。 

    サービス強化とお客様のビジネスにおける活用方法についてさらに読む
  • 中国-欧州間の混載(LCL)鉄道輸送サービス強化について

    中国から欧州への混載(LCL)鉄道輸送サービスに、新しいオプションが追加されます。中国発の自社混載となるこのサービスは、中国の30以上の都市と欧州の10か国でご利用可能な、サプライチェーンの最適化に役立つ高い信頼性とコスト削減に有効なソリューションとしてご活用いただけます。なお、貨物の受付けは中国発のみとなります。

    中国-欧州間自社混載(LCL)鉄道輸送サービスについての詳細はこちら
  • 詐欺の被害者にならないために

    コロナウイルスの発生により、インターネットの利用が大幅に増加したことで、サイバー犯罪者はこの状況を利用しテレワーク環境を狙うようになりました。特にEメールによるフィッシング詐欺が増加しています。個人情報保護の意識と警戒が詐欺の被害者になることを防ぐための最善の方法です。

    デジタル詐欺を防ぐには
  • 別の住所へUPS My Choiceで配達

    UPS My Choiceで、荷受人は国外からの荷物を、荷物の送り先の市内の別の住所に転送できるようになりました。この新たな機能を使えば、荷受人はいつどこで荷物を受け取るかを今まで以上に管理できるようになり、不在で荷物を受け取ることができないということがなくなります。

    注: 別の住所への配達は、香港ですでに使用されている機能です。

    UPS My Choiceについてさらに詳しく
  • みなし重量での請求

    みなし重量での請求により、お客様は出荷を低価格で行うことができます。みなし重量での請求の詳細については、最新のUPSの料金とサービスガイドをご参照ください。

    みなし重量での請求の詳細について読む
  • UPSサービスギャランティの一時停止について

    2020年3月26日より当面の間、すべての発地から仕向地への貨物に対して、UPSサービスギャランティが一時的に停止されます。 

    詳細について
  • 当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、当社のサービスに対するコミットメントを果たしつつ、社員、お客様、サプライヤー様の健康と安全を確保するために尽力することが、当社の最優先事項です。

    当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応についてさらに読む
  • フューエル・サーチャージ指標の変更

    2020年3月2日より、UPSはコストへの整合性を高め、お客様への高い基準のサービスを維持できるよう、すべての燃料価格について、フューエル・サーチャージ指標を1%引き上げます。フューエル・サーチャージ指標は、2020年3月2日からフューエル・サーチャージ(燃油特別付加運賃)のページよりご確認いただけます。

    フューエル・サーチャージ(燃油特別付加運賃)についてさらに読む
  • インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限引き下げと関税合理化について

    インドネシアの財務省規制199/PMK.010/2019に従い、2020年1月30日から、インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限が1出荷につき75米ドルから3米ドルに引き下げられます。 

    新たな規制についての詳細
  • 中国の通関手続きにおける新しい2段階申告について

    中華人民共和国海関総署(General Administration of Customs of the People’s Republic of China: GACC)は、中国本土向け貨物のすべての一般通関(エントリーカテゴリ「D」を含む)に対して、2段階の税関申告プロセスを実施し、統合されたプロセスで通関手続きを合理化するイニシアチブを開始しました。

    新しい2段階申告についてさらに読む
  • 2020年のIATA危険物規則書の更新について

    2020年1月1日​​より​​、2003年6月30日以後に製造された乾電池、バッテリーとバッテリー機器について、すべての製造業者および販売業者は、国連試験および基準マニュアルに指定されているテストサマリーを用意する必要があります。

    最新のIATA規則に関する詳細はこちら
  • ベトナムの税関申告プロセスの変更

    ベトナム税関総局(GDC)は、税関申告プロセスを改訂しました。2019年10月15日​​​​より​施行された新しいプロセスでは、低価格貨物と高価格貨物の両方の税関申告に付加価値税(VAT)コードが必要になります。また、低価格貨物の出荷にも、申告内容の詳細(invoice line declaration)が必要です。 

    ベトナムの税関申告プロセスの変更についてさらに読む
  • ニュージーランドへの低価格商品の輸入に関するGSTおよび輸入書類の変更について

    ニュージーランド政府は物品・サービス税(GST)に関する法律を改定しました。​2019年12月1日より、特定の非居住者業者は、ニュージーランドの消費者向けに輸入される低価格商品の販売に15%のGSTを適用する必要があります。さらに、2019年12月1日より輸入書類に関しても変更があります。 

    ニュージーランドの物品・サービス税(GST)法についてさらに読む
  • ブレグジット(英EU離脱)についての最新情報

    英国のEU離脱交渉が続くなか、UPSはあらゆるレベルの政府機関や企業と協力し、状況の変化に迅速に対応できるよう準備しています。

    ブレグジットの最新情報はこちら
  • 中国本土・上海で、ヨーロッパならびにアジア太平洋地域発の輸送サービスを強化

    ヨーロッパならびにアジア太平洋地域から中国本土・上海の主要地域向けに、UPSワールドワイド・エクスプレス・セイバー」、「UPSワールドワイド・エクスぺダイテッド」サービスを利用した際の配達所要時間が1営業日短縮されます。

    さらに読む
  • 神奈川県の一部地域で輸送サービスを強化

    神奈川県相模原市中央区向けの輸入貨物は、従来より1営業日早く同地域に配達されます。

    さらに読む
  • 米国向け航空貨物事前検査プログラムについて

    航空貨物事前審査(ACAS)プログラムの本格的な運用が2019年6月12日より開始され、すべての航空会社は米国向け貨物の出荷前に航空貨物情報を提出することが義務付けらています。

    さらに読む
  • オーストラリアにおけるたばこ製品規制の改定について

    2018年11月、オーストラリア政府は、1901年関税法(Customs Act 1901)第69条を改定し、たばこを含む製品を個人または商用目的でオーストラリアに輸入する際に、すべての輸入者が一定の条件を順守することを義務付けました。このは2019年7月1日に施行される予定です。

    さらに読む
  • 韓国向けB2C貨物には個人通関固有コード(CCIC)が必須となります

    2019年6月3日より、韓国向けのすべてのB2C(企業対消費者間取引)の簡易通関対象貨物には、CCIC(Customs Clearance Indigenous Code; 個人通関固有コード)が必要となりました。

    さらに読む
  • 輸出入サービス強化のお知らせ

    東京都および愛知県の一部都市において輸出入サービスを強化しました。

    さらに読む
  • フィリピンにおける放棄品規制の実施について

    フィリピン関税局は2019年1月に税関近代化・関税法(Customs Modernization and Tariff Act; CMTA)を施行し、無申告の貨物が放棄品とみなされる期間を30日から7日に変更しました。

    さらに読む
  • 中国本土・東部から日本への配達所要時間が短縮

    中国本土・東部から日本へのUPS Worldwide Expeditedサービスの配達所要時間が1営業日短縮されました。 

    さらに読む
  • 韓国の1,285の郵便番号対象地域でサービスを拡大

    UPSは、2019年4月1日より韓国のソウル、京畿道の1,285の新たな郵便番号対象地域でサービスを強化しました。同地域のあらゆる規模や業種のビジネスに、より良いサービスをご提供します。

    さらに読む
  • フューエル・サーチャージ指標と追加料金に関するお知らせ

    2019年5月6日(月)より、フューエル・サーチャージ指標を改定いたします。またラージパッケージ・サーチャージおよび超過料金の対象となる貨物サイズを変更いたします。

    さらに読む
  • 埼玉県向け輸入貨物配達のUPSサービス強化

    埼玉県三郷市、八潮市、越谷市向け輸入貨物の輸送時間が1日短縮されます。

    さらに読む
  • シンガポールで「UPSワールドワイド・エクスプレス」サービスを拡大し、対象地域に51,000以上の郵便番号を追加

    UPSはシンガポールで、12:00pmまたは2:00pmまでの配達を保証するUPS Worldwide Express®サービスを拡大し、51,034件の郵便番号を新たに追加しました。

    さらに読む
  • CPTPPがまず6か国で発効

    2018年12月30日に、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)が、オーストラリア、カナダ、日本、メキシコ、ニュージーランド、シンガポールの加盟6か国について発効しました。

    さらに読む
  • UPSジャパンの社員が第16回年次グローバルボランティア月間に830時間参加

    UPSが掲げる2020年末までに世界で20百万時間のボランティア活動の実施という目標の80​%を現時点で達成しました。さらにUPS基金から追加の資金が拠出され、日本での2018年の当社の慈善寄付額が86,000米ドルになりました。

    さらに読む
  • UPS、UPS台湾(中国)の新社長にSam Hungを任命

    2019年1月1日付けで、UPS台湾(中国)の社長にSam Hungを任命したことを本日発表しました。

    さらに読む
  • UPS PhilippinesとAIR21、フィリピンの若者に本を寄付

    全国読書月間を祝して、UPS PhilippinesとAIR21は、Philippine Business for Social Progress(PBSP)と、公立学校の生徒向けに書籍を寄付するキャンペーンである「Sa Pagbasa, May Pag-asa(読書には希望がある)」プログラムでの連携を行いました。

    さらに読む
  • UPS、ベトナムの小口貨物事業の社長にRussel Reedを任命

    UPS(NYSE: UPS)は、ASEAN地域のベトナム、タイという2つの戦略的市場への新たなコミットメントを示すため、経験豊富なスペシャリストであるRussel Reedを新社長に任命すると発表しました。

    さらに読む
  • UPS香港(中国特別行政区)、第16回年次グローバルボランティア月間で地域サービスに1,000時間以上参加

    UPS香港(中国特別行政区)のチームメンバーは、国連の持続可能な開発目標に合わせ、子供を支援し、困窮者に食糧を与え、障害者をサポートするプロジェクトに参加しました。

    さらに読む
  • UPS、中国本土への輸入増に対応しサービスを強化

    UPSは注目を集める初の中国本土国際輸入博覧会(CIIE)に参加し、輸入増加への対応力強化の重要性を示します。

    さらに読む
  • UPS Vietnam、第16回年次グローバルボランティア月間で地域社会に参加

    UPS Vietnamの社員は10月に延べ2,000時間以上ボランディアとして活動し、UPS基金は現地の慈善団体に97,000米ドルを寄付しました。

    さらに読む
  • 日本法人社長にダリル・テイ(Daryl Tay)が就任

    アジア市場での豊富な経験と専門的な産業知識でUPSの日本におけるビジネスの成長をけん引

    さらに読む
  • マレーシアにおける売上税・サービス税(SST)

    マレーシアで、既存の物品・サービス税(GST)に代わり、売上税・サービス税(SST)が導入されました。

    さらに読む
  • インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限引き下げについて

    インドネシア向け輸入貨物のDe minimis(非課税基準額)の上限額が、1荷受人、貨物1件1日あたり100米ドルから75米ドルに引き下げられました。

    さらに読む
  • 中国本土の輸出入貨物に対する通関規制

    中国本土・海関総署(General Administration of Customs of the People’s Republic of China: GACC)は、中国本土の輸出入貨物に対する一般および簡易通関の要件を強化しました。

    さらに読む
  • 【国際物流UPS】アジアで「UPS My Choice®」サービス地域を拡大 増大するeコマース需要を支援

    「UPS My Choice」サービスの提供開始以来、最大規模となる、アジア太平洋、アフリカ、インド亜大陸、カリブ海、中南米、中東、オセアニア地域へ拡大します

    さらに読む
  • 韓国向けエクスプレスサービスの通関手続きと配達の迅速化

    UPS韓国は、関税および税金の納付前²に配達が可能なエクスプレス輸入貨物の上限額を、貨物1件あたり1,000,000ウォン(892米ドル*)から4,000,000万ウォン(3,565米ドル*)に引き上げました。 

    さらに読む
  • 追加取扱手数料および超過料金へのフューエル・サーチャージの適用

    2018年9月9日より、UPSの追加取扱手数料および超過料金にフューエル・サーチャージを適用いたします。

    詳細については、UPSのフューエル・サーチャージに関するページ をご覧ください
  • UPSは台湾(中国)のE-Lockersと提携し、代替配送先のネットワークを拡大

    UPSは本日、ネット小売の最終消費者の体験を改善するため、小売ソリューションのポートフォリオを強化することを発表しました。

    さらに読む
Powered By OneLink